#1 ファミリーマート 社長・澤田貴司の苦闘

サークルKサンクスとの経営統合により、コンビニエンスストア業界で店舗数2位に躍り出たファミリーマート。ただ、首位のセブン-イレブン・ジャパンとの実力の差は依然として大きく、統合後の体制整備も道半ばだ。ファミマを“戦う集団”につくり直すため、外部から送り込まれたトップが苦闘している。

 18年2月中旬のある日の朝、ファミリーマート社長、澤田貴司を乗せたワンボックスカーが、都内の住宅街の店舗に停車した。独立したオーナーのフランチャイズ(FC)契約ではなく、会社が直接運営する複数の店舗の視察だ。澤田は降りるなりスーツの上着を脱いで、店舗のスタッフが着るのと同じユニホームを羽織る。名札には「さわだ」の名前の上に「トレーニング中」と書かれている。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

ファミリーマート社長・澤田貴司の苦闘

週刊ダイヤモンド

サークルKサンクスとの経営統合により、コンビニエンスストア業界で店舗数2位に躍り出たファミリーマート。ただ、首位のセブン-イレブン・ジャパンとの実力の差は依然として大きく、統合後の体制整備も道半ばだ。ファミマを“戦う集団”につくり直す...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません