ハゲ」「デブ」「チビ」でもモテる男性は何が違うのか?

数々の男女の出会いから結婚、さらにその先までをみてきた恋愛アナリストのヨダエリさんが、恋愛や女性のことでモヤモヤしている30代・40代の男性に向けて、「自然とモテる男になるための考え方と行動」を理論的かつ具体的にレクチャーします。(毎週、火・土に更新予定)

こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。

突然ですが、皆さんは容姿に関するコンプレックスってありますか?「ない」と即答する人も中にはいるでしょうが、ほとんどの人は「ある」と答えるのではないでしょうか。

それは男性に限ったことではなく、女性もほとんどがそう。誰がどう見ても美人な女性ですら「キツく見られる」とか「○○さんのように誰からも好かれる愛らしさが羨ましい」とか、何かしら不服を感じているものです。

人はないものねだりな生き物。持って生まれたものに満足せず、人のものはよく見える。そういうものなのでしょう。

なので、コンプレックスがあることは別に悪いことではないと思います。ときにそれはエネルギーや向上心に繋がったりもしますよね。気に入らないと感じている自分を否定しなくてもいい。コンプレックスを感じる自由もあると思うのです。他人に迷惑をかけていないなら。

ただひとつ、注意したいこと。

それは、コンプレックスを持つあまり、卑屈になってはならぬ! ということ。こうなってくると、周りを不安にさせたり不快にさせたりと迷惑になってしまいます。

そして、卑屈になるのは、恋愛においてもかなり危険です。というより、「こうなっちゃダメ!リスト」で1、2を争うダメ項目に入ると思います。マジDAME1000%☆(すみません)

ここで、今回のタイトルに着目してください。「ハゲ」「デブ」「チビ」でもモテる男性は何が違うのか?

容姿よりも大切なこと

そう、彼らは卑屈じゃないのです! ハゲでもデブでもチビでも、そんな自分を「まいっか」と許せている。自分を愛せている。そこが大事なのです。

実際、そういう見た目でも彼女がいる人や結婚している人は山ほどいますよね? 交際してからそうなったのではなく、最初からそうだった人も山ほどいます。

これはどういうことかというと、女性にとって男性の「容姿」は、男性が思っているほどパートナーを選ぶ決め手にはなっていないということです!

「ええ—だって、女ってことあるごとにイケメン連呼じゃん」

「三度の飯よりイケメンが好きな女子って山ほどいるじゃん」

「スマホにイケメンフォルダとか作ってんじゃん!」

・・・と、反論モードのあなた。確かに女性はイケメンが好きです。イケメンフォルダ作ります!(笑) でも、それはある種の嗜好品。目の保養。現実にもイケメンを求めているかといったら、それはまた別。大事なのは自分にとって「感じがいい」かどうか。そういう男性であれば「付き合ってもいいな」と女性は思うものです。

ちなみに、この「付き合ってもいいかも」は上から目線なのではなく、自分の異性を見る目に確信が持てない女性特有の迷いや戸惑いから来ています。ぶっちゃけ、こう思わせたらチャンス到来です。少しずつ、ちゃんと押せば。

「感じがいい」ってどういうこと?

話がそれましたが、とにかく大事なのは「感じがいい」ことです。

では「感じがいい」って何でしょう? それは礼儀正しさであったり、ちょっとした心遣いであったり笑顔であったり、安心できる顔や雰囲気であったり(イケメンである必要はなし)と、色々あります。女性によっても違います。

でも、「自分自身(男性自身)を好きであること」は、ほぼすべての女性にとって「感じがいい」に繋がります!

そして、そのことを多くの女性はいちいち意識していません。たぶん言語化もされていません。だから、デートを重ねていた男性と会うのをやめたとき、その理由を友達にきかれても「うーん、なんか違った」と言います。

なんか違うってなんなんだよ—!!! と男性は叫びたくなるかもしれません。そして、容姿にコンプレックスがある場合、「どうせそこだろ!そこなんだろ!」と思うかもしれません。

でも違います。もし見た目で「どうしてもダメ」だと思っていたら、何度もデートしたりしません。もっと早い段階で断っています。「ダメな気がするけど試してみよう」と、あえてチャレンジする女性も中にはいますが、そう思えるなら「アリ」の中にかろうじて入っているんだとワタシは思います。あとは見た目以外のところで判断しようとしているのです。その結果、「感じがいい」にはならなかった、ということでしょう。

その原因がどこにあるかは、もちろんケースバイケースです。会話のノリが合わないと思ったのかもしれないし、彼女が大事にしている部分をあなたは理解してくれないと思ったのかもしれない。そうだとしたら、もうそれはしょうがないこと。相性の問題はどちらのせいでもありません。

「感じのよさ」を出す簡単な方法
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
初デートの待ち合わせは20時

ヨダエリ

数々の男女の出会いから結婚、さらにその先までをみてきた恋愛アナリストのヨダエリさんが、恋愛や男女のことでモヤモヤしている30代・40代の男性に向けて、「自然とモテる男になるための考え方と行動」をレクチャーします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 "「自分自身(男性自身)を好きであること」は、ほぼすべての女性にとって「感じがいい」に繋がります!" 6ヶ月前 replyretweetfavorite

hokkori なんか違うってなんなんだよ——!!! でフイタw わかりすぎるwww> 6ヶ月前 replyretweetfavorite

manjunanase0525 #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite

Nrva8iwlgctd #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite