寂しさを埋めるための恋愛はアリかナシか?

数々の男女の出会いから結婚、さらにその先までをみてきた恋愛アナリストのヨダエリさんが、恋愛や女性のことでモヤモヤしている30代・40代の男性に向けて、「自然とモテる男になるための考え方と行動」を理論的かつ具体的にレクチャーします。(毎週、火・土に更新予定)

こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。気がつけば2018年もあと3ヶ月・・・今年って何したっけ? と振り返りモードが始まりつつある人は、ワタシを含めたくさんいるのではないでしょうか。

個人的には、今年はこの連載がスタートしたことも含め、色々あった年でした。が、今年って何もしてなくない?? と自分にツッコミを入れたくなり、ドンヨリする年も普通にあります。

ともあれ、年末が近づき、「これでいいのか」とちょっと自分に向き合ってみることには意義があると思います。独身時代を振り返っても、誕生日・クリスマス・年末が近づくと、決まって「これでいいのか」と悶々としたものですし、彼氏との別れを検討するのも大抵この時期でした(笑) 。節目があるから、人は自分の選択を見直したり、人生のメンテナンスをしたりする機会を持てるのかもしれません。

つまり、この時期こそ、自分のほしいものや望む人生を改めて見つめ直す絶好のチャンス! その結果、「今後の人生を共に歩む相手がほしい」という結論が出たのであれば、この連載をバックナンバーも含めジクジク読んで活用していただけたらと思います。(そういう結論が出なかった人は、女性とのコミュニケーションを円滑にするツールとしてぜひ!笑)

それでは、今回の本題に行ってみましょう!

さきほど、年末は自分と向き合う絶好の機会と書きました。が、わざわざそんなことをしなくても、どんどん空気が冷たくなり夜が長くなるこの季節、「なんだか寂しい・・・」「寄り添える相手が欲しい・・・」と、年末ロンリネスを感じている人は多いのではないでしょうか。

「そうなんだよ!」と頷く人がいる一方で、「うーん、でもそれって・・・」と寂しさを感じる自分にダメ出しをする人もいるかもしれません。「そんな理由で恋人を作ってもなぁ」とか。「寂しさから恋愛するなんてダメでしょ」とか。・・・ここでワタシから一言(コホン)。

ダメじゃないです—!!!!!

寂しさから恋人作ってヨシ! 探してヨシ! くっついてヨシ! きっかけなんて何でもいいのです!!

ワタシがこんなことを力説しているのは、無意識のうちに「恋愛とはこうあらねばならぬ」と決めつけている人は意外に多いんだなと、最近改めて感じるからです。「自然に出会いたい」とか。

・・・いやいやいや不自然に出会っていいから! と思います。そもそも、平日は家と職場を往復し、週末は友達や決まった面子と飲みに行くか家でたまった洗濯や掃除をしつつゴロゴロする、という繰り返しの中で自然に出会うなんて、宝くじで1000万円当たるくらい確率が低いと思います。

もちろん中には、行きつけの飲み屋などでで「端から見たら自然に」女性と知り合って、付き合ったり結婚したりする人もいます。通勤電車の中で好みの女性と出会って付き合い始める人もいます。でも、そういう男性は自分から話しかけるなど何らかのアクションを起こしているはず。そして、「自然に出会いたい」などと思ったこともないはず。むしろ、ちょっと不自然な行動をとって、恋愛をスタートさせているはずです。

寂しさは恋の始まり

話を「寂しさ」に戻します。

「寂しさ」は悪ではありません。むしろ、出会いを求める上では必要不可欠な要素です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
初デートの待ち合わせは20時

ヨダエリ

数々の男女の出会いから結婚、さらにその先までをみてきた恋愛アナリストのヨダエリさんが、恋愛や男女のことでモヤモヤしている30代・40代の男性に向けて、「自然とモテる男になるための考え方と行動」をレクチャーします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

5_2_hello 思わず読み入ってしまった。https://t.co/PMDGfA2IHk 4ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 "苦さを味わうことで自分の本当の欲求が分かってくれば、それも大いに意味があることですよね。" 4ヶ月前 replyretweetfavorite