婚活リアルドキュメント・経済力目当ての女と手を出さない男

数々の男女の出会いから結婚、さらにその先までをみてきた恋愛アナリストのヨダエリさんが、恋愛や女性のことでモヤモヤしている30代・40代の男性に向けて、「自然とモテる男になるための考え方と行動」を理論的かつ具体的にレクチャーします。(毎週、火・土に更新予定)

こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。気がつけば10月も半ば。2018年も3ヶ月をきりました。早いっ・・・!

でも、今年中に◯◯をする!という目標を立てるにはいいタイミングかもしれません。デートを重ねている相手がいるなら「今年中に想いを伝える」とか、気になりつつも声をかけられずにいる相手がいるなら「今年中にはデートに誘う」とか。

3ヶ月弱もあるんだからまだ大丈夫でしょ~と思うかもしれませんが、相手のバイオリズムやスケジュールも絡んできますし、自分もその影響を受けてテンションが上下したりします。今から強い意志を持っておくことは大事だと思いますよ!

では今月のテーマに行ってみましょう!

先日、長年の友人であるAさん(男性・アラフォー)が仕事の赴任先から関東に戻ってきたので、久々に会いました。

彼はワタシの大学卒業後の恋愛遍歴をすべて知っているかも、と思うくらい、話を聞いてくれた人。男性視点の意見に目からウロコが落ちたことは何度もあり、Aさんのおかげで彼氏との別れを踏みとどまれたことも幾度となくありました(多くの女性の例に漏れず、ワタシも経験値が浅かったときは見切りが早かったのです)。

そんなAさんから色々と近況報告を聞いていたら、ポロっと婚活バナシが飛び出しました。聞くと、数ヶ月前、結婚しそうな相手との出会いがあったとのこと!

Aさんは基本的に奥手で、これまでも浮いた話は全くなく。社会人になってからも、お見合いをしたという話は何度か聞いたことがあったのですが、どれも話があまり進展せずに終わっていました。

が、今回はこれまでとは違うっぽい!!

知り合った女性と音信不通に

相手の女性とは仕事の人から紹介された女性で、年齢は30代半ば。東京に住んでいるため、当時東北に赴任中だったAさんが東京までやって来て会っていたそう。

そんな感じで半年ほどたったとき。Aさんは彼女と突然連絡が取れなくなりました。「年収を聞かれて答えてから音信不通になったので、間違いなくそれが原因だと思う」とAさん。

マジすか・・・。なんとも言えない気持ちになるワタシ。Aさんは、決して低収入ではありません。勤務先は名の知れた一流企業。具体的な金額は聞いていませんが、同世代男性の平均収入から見たら、むしろ多く稼いでいる方だと思います。

でも、おそらく相手の女性は、年収800万越え、あるいは1000万円クラスを望んでいたのでしょう。1人でそれだけ稼ぐ男性が全体のうち何パーセントに過ぎないのか、いかにそれが大変なことなのか、よく分かっていなかったのだと思います。

この話の肝は、実はこの後にあります。

連絡がつかなくなってから1年たったある日、知り合いを通じて「Aさんともう一度会いたい」と彼女から連絡があったのです!

どういうつもりかと思いつつ、Aさんは東北まで来てくれた彼女と会いました。

が、結局2人の関係が進展することはなく、関係はそこで終わりました。Aさんが断ったのです。

その理由は、「年収を伝えたら連絡取れなくなりましたもんね」と言ったら、彼女が否定しなかったこと。

そして、どうやら彼女はあのあと仕事を辞めて、今は失業状態であること。「それを聞いた瞬間、サ—ッと冷めていく自分を感じた。あぁ、経済力目当てなのか」とAさん。

あぁ・・・。ワタシはうなだれてしまいました。残念で、もったいなくて。というのも、Aさんと相手の女性は、やりようによっては、人生のパートナーとして結びついたはずだから。

女性の落ち度

・残念な点、その1
認識不足により、身の丈に合わない高望みをしたこと。それに気づく前に相手に知らしめてしまったこと。

・残念な点、その2
Aさんから「年収のせいですよね」と言われても否定できなかったのは仕方ないとしても、その認識が世間知らずだったと気付き反省したのなら、それを伝えるべきなのに伝えなかったこと。

ここまでは彼女の落ち度。しかし話を聞くと、Aさんにももったいなかった点はありました。

Aさんの落ち度

半年に渡ってデートを重ねる中で、Aさんは彼女の手すら握らなかったのだそう。

彼の奥手さを知っている身からすると、まぁそうだろうなと想像できました。でも、相手の女性からしたら不安だったはず。「私に興味ない?」「でも会ってくれる」「でも手を出してこないのはなぜ?」「自分からアクションを起こすほどには好きじゃないってこと?」などとグルグル考えたんじゃないかと。

ちなみに、彼女と結局どうなったんだと周りの男性たちからきかれたAさん。自分から断ったことは伏せて「たぶん自分に落ち度があったんですよ」と伝えたところ、「お前が手を出さなかったからだ!」と男性陣全員から責められたそうです。

ビックリするくらい皆同じ反応だったよ、とAさん。確かにこれは興味深いです。皆Aさんより年上の既婚者だそうなので、手を出せずに失敗した、手を出してうまくいった、など身にしみた経験があるのかもしれません。

そして、さらに驚くことがありました。「確かに手を出してよかったよ、Aさん」とワタシが言うと、Aさんは予想外の理由を口にしました。

「彼女は膠原病を患っていて、性行為を求めるのは悪いのではと思ってしまった」。

平たく言うと、妊娠・出産が難しいかもしれない女性に、性行為を求めるのは悪い気がしたそうです。

—!!!!

ワタシと、その場にいた女友達(3人で飲んでました)は、同時に声を上げてしまいました。あまりに予想外かつ理解不能で。

いや、性行為が体力的にキツいとか痛みを伴うとか、そういう理由があるなら気遣うのは分かる。けど、そうじゃないんだよね? 妊娠できなさそうだから性行為はしたくないだろうと思ったってことだよね?

そう尋ねると、「うん」と頷くAさん。

・・・うーん・・・うーんうーん・・・。Aさんの気持ちが分かる男性がどれくらいいるのか、実は結構いるのか、アンケート取ってないので分かりません。が、これだけは言えます!

妊娠の可否および希望の有無と、セックスに対する意志は別!

妊娠できようができなかろうが、子供を産みたかろうが産みたくなかろうが、したい相手とはしたいし、したくない相手とはしたくない!

好きな人や親しくなりたい相手とは心だけでなく身体も結ばれたいです!!

性欲が極度に薄い女性はいるけれど

Aさんは、ワタシと友人による怒涛のツッコミに圧倒されつつ、「そうなんだ…」と呟き、学んだよという表情をしていました。

今思うと、Aさんの発想は「自分とそういう行為なんてしたくないよね」という自信のなさによるものだったのかもしれません。もしくは世の中にはセックスが嫌いな女性がいる、という事実を拡大解釈したのか。

確かに、性欲が極度に薄い女性はいます。結婚して子供を産むためだけにセックスして、それ以降は全くしていないという女性も珍しくはないです。

ただ、そういう女性と、普通に性欲があって好きな男性とセックスしたい女性( orするのが嫌ではない女性)、どちらが多いかと言ったら間違いなく後者だと思います。少なくとも出会い始めや付き合い始めにおいては。

というわけで、もしAさんが彼女に手を出していたらまた違った展開になったかもなぁ・・・。

と言いたいところですが、実はそうは思わなかったのです、ワタシ。

というのも、「年収で切られたモンダイ」があるから。ここでAさんはかなりプライドを傷つけられたわけで。それでもお願いされてもう一度会ってみたわけですが、無職になって気が変わったということは、現実を知ったにせよ注文つけてる場合じゃなくなったにせよ、結局は経済力目当てか、と落胆したわけで。そんな精神状態で、手を出す気にはなれないんじゃないかと。

ただ、ここで一つAさんに対して、そして同じような想いをしたことがある男性に対して、伝えたいことがあります。

「経済力目当て」はモンダイか
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
初デートの待ち合わせは20時

ヨダエリ

数々の男女の出会いから結婚、さらにその先までをみてきた恋愛アナリストのヨダエリさんが、恋愛や男女のことでモヤモヤしている30代・40代の男性に向けて、「自然とモテる男になるための考え方と行動」をレクチャーします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tjmlab 「本来うまくいくはずの相手と結ばれるためには恋愛で経験を積むこと、婚活で場数を踏むことは大事だよなぁと、改めて思った次第です」 はへー 約1ヶ月前 replyretweetfavorite