恋人は最強の味方!尊敬できる相手に「精神的枕営業」を仕掛ける

田舎出身、女子大卒、貯金なし。DeNAで減給処分を受けたダメOLが、ちょっとの背伸びを繰り返し、起業して1年でM&Aを成功させ、3億円を手にするまでを描いた『ダメOLの私が起業して1年で3億円を手に入れた方法』。今回は、「精神的枕営業」とちょっと刺激的な言い方をしましたが、「恋愛でキャリアを発展させる方法」についてお伝えします!

尊敬できる男性に「精神的枕営業」を仕掛ける

 私の経験上、キャリアにおいて有効な情報は、異性から聞くほうがうまくいくケースが多いです。男性と飲みに行ったら、相手のことを「片思い中の好きな人」だと思って話してみてください。すると、男性のガードは緩みます。

 男性は、自分に好意を持ってくれる女性を助けてあげたくなる、という性質があると思うんです。「起業したいなら、この本を読んでおくといいよ」とビジネス書を勧めてくれたり、「今度、こういう人を紹介してあげるね」と言ってくれたり。時には同性だったら話さないような、大事なノウハウを教えてくれることもあります。

 だから、尊敬できる男性とはどんどんご飯に行きましょう! そして、「精神的枕営業」を仕掛けるのです。実際に寝る必要はありません。ご飯だけ一緒に食べて、精神的に寝ればいいのです。

「女であることを利用する」と言うと聞こえは悪いですが、私はせっかく女に生まれたのだから、それを武器にしてもいいと思っています。相手も、好意を持たれて悪い気はしないはず。

 人は実際に見たり、聞いたりしたことしか実現できません。だからこそ、色んな男性と仲良くなって、知識や情報をもらったほうがいいのです。夢を叶えたいと思ったら、試してみる価値はあると思います。

 ポイントは、相手に女として見られているのを承知の上でコミュニケーションをとること。夢を叶えるためと言っても、好きじゃない人に体を求められるのは嫌ですよね。ただの枕営業にならないように、最初に相手に興味がある理由を伝えるようにしましょう。お酒に酔う前に、今日会いに来た目的を伝え、相手に「この子を応援したい」と思わせるのです。

 とはいえ、多少のスキンシップは許してくれて、付き合いがいい女性のほうが、相手も気持ちよく話をしてくれると思います。2次会までは付き合うけど、早々とタクシーに一人で乗って帰る。少し相手が寂しいと思うくらいのほうが、また会いたいと思ってもらえるのです。こうした駆け引きはうまくしましょう。

 ちなみに、「精神的枕営業」は男性から女性に対しても効果的です。最近は、男性から飲みの場で仕事の相談をされる機会も増えましたが、悪い気はしません(笑)。純粋に力になってあげたいなと思うものです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ミレニアル世代の新しいキャリア形成ストーリー!「新人・部下に読ませたい」との声も寄せられています!

この連載について

初回を読む
ダメOLの私が起業して1年で3億円手に入れた方法

成井五久実

田舎出身、女子大卒、貯金なし。DeNAで減給処分を受けたダメOLが、ちょっとの背伸びを繰り返し、起業して1年でM&Aを成功させ、3億円を手にするまで。 明日会社が潰れても、自分で仕事を取れるスキルを身に着けていますか? 会...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません