​飲食店が食べログに感じていること

人気の高い飲食店のレビューサイト。高い点数が付くと、それだけで客が増えるとも言われますが、実際飲食店の人たちはどう感じているのでしょうか。bar bossa店主・林伸次さんが考察します。林さんはじめての小説『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』も大好評掲載中です。

「取材拒否の店」は頑固親父だから、ではない

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

「テレビ取材拒否のお店」ってありますよね。あれってどうしてだかご存じですか? よくあるパターンは、カウンターだけのご主人ひとりだけでやっている小さいお店で、テレビなんかに出てしまったら、お客様が入りきれなくなったり、問い合わせの電話の対応だけでいっぱいになるから、というのがあります。

あとよく聞くパターンは、「テレビを見て来店するお客様は1回きり」というのがあります。例えば、こぢんまりとした商店街にある昔からやっている肉じゃがや焼き魚が美味しい「定食屋さん」だとします。普段は近所に住んでいる家族や単身者たちが「あそこ安くて美味しいよね」って感じで使っていたのに、テレビに出てしまったせいで、一ヶ月くらいずっと満席で普通に使っていたお客様が入れなくなります。

でもテレビを見て来る人たちって、本当に「一回だけ」なんです。あなたもなんとなく経験ありますよね。何かメディアで見て、「行ってみたいな」と思ってわざわざ行くお店ってまずリピートしないですよね。一回行って、「ほんとテレビで見たとおりだ」って感じてそれで終わりです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pnpndash この記事を読んで、そう思った。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

tvwcdbv 飲食店が食べログに感じていること https://t.co/P9lwZe0oo1 みんなに情報が届くかと思ったら、逆に高級店に行く余裕のある人しか知りえない情報というのが増えてきてもいます。インターネットが作った新しい格差といえるかもしれません。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

taizona 飲食店が食べログに感じていること | ワイングラスのむこう側 | 林伸次 | cakes https://t.co/JnFKEcNBGi https://t.co/DRY6Xd0EoU 10ヶ月前 replyretweetfavorite

Khachaturian 飲食店が食べログに感じていること|林伸次 @bar_bossa | 10ヶ月前 replyretweetfavorite