第21回】欲望という名の満員電車(後編)

ベストセラー間違いなしのビジネス書『6歳のときに知っておきたかった人生に必要な知恵はすべて満員電車が教えてくれた――ラッシュを生き延びるための哲学』の構想を温めてきたという岡田さんが、その具体的な内容を本邦初公開する後編です。いたいけな小学生を襲うのは、ラッシュの息苦しさだけではありません。大人達との闘いの果てに、少女が得たものとは。ハンカチをご用意してお読みくださいね。

欲望という名の満員電車(前編)

第5章/NOと言える大和撫子たれ

 満員電車というものをよくご存じない人にとっては、もしかすると驚くべきことかもしれない。中学生のときより、高校生のときより、大人になって制服を脱いだ今現在よりも、「小学生のときが最も頻繁に、毎朝、痴漢に遭っていた」という話は。

 東京の都心には幾つかの私立小学校があり、かわいらしい制服を着た年齢一桁の児童たちが、公共交通機関を利用して通学している。私がそのうち一人だった昭和の終わり頃、混雑する朝の地下鉄には、必ずといっていいほど、ロリータ専門の痴漢たちが乗っていた。一人や二人ではない。明らかに目当ての制服を着た生徒の乗降が多い穴場を狙ったプロたちの犯行である。ちなみに校舎脇の通学路の「風景」をはるか遠くから望遠レンズ+三脚で撮影しにくる大きいお友達もおり、体育教師などが警邏巡回して追い払っていた。

 ロリコンの痴漢は、子供の目にも、一発でロリコンの痴漢だとわかる。同じ車両に魅力的でグラマラスな大人の女性がたくさん乗り合わせているのに、一心不乱に脇目もふらず、かたまって登下校する我々チビッコのほうへ人波をにじり寄ってくる。Tシャツに手ぶら姿で乗ってくる猛者もいた。嘘でもサラリーマンか学生に擬態して来いよと思うのだが、あまりにもわかりやすすぎるため、あっという間に周囲の善意ある乗客たちに四方を取り囲まれ遠方へ押し流されていった。彼らから学び取れることなど何もないが、強いて述べるなら「目的を達成したければプロセスを丁寧に、行動する前にまず、どんな結果になるか考えて」だろうか。

 私もオタクのはしくれとして、もっと崇高な魂を持ったロリコン諸氏がいることも重々承知である(>「オタクだからこそ女の子を守ります宣言」)。が、実在の幼女が身体の自由を奪われている状態を無遠慮に触ってくるような痴漢は、襲う相手が弱ければ弱いほど自分に有利だと考えるだけの、ただのクズ野郎である。この手の痴漢を追い払うには、「貴様らが思っているほど我々は弱い存在ではない」と知らしめればよい。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ハジの多い人生

岡田育

趣味に対する熱量の高いツイートと時事に対する冷静な視点でのツイートを自在に繰り出すWEB系文化系女子okadaicこと岡田育。 普通に生きているつもりなのに「普通じゃない」と言われ、食うに困らず生きているのに「不幸な女(ひと)」と言わ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

s98545sm @s98545sm 以下でも読めます。有料だけど。特に「女性専用車両は逆差別」論者と東京メトロの人に。できれば前編も。 3年以上前 replyretweetfavorite

sadaponta 嫌な大人とは子供をただの子供と見做した時に確立するし、同時に死んでいるんだなぁとぼんやり思うのですん(ω) 4年以上前 replyretweetfavorite

kusanagikenta これは是非出版してほしい。帯は是非あの聡明なる少女に書いていただこう。るっ(ω) 5年弱前 replyretweetfavorite