赤ちゃんが大人に共感するとき

「赤ちゃん向けワークショップ」を開発・運営してきたワークショップデザイナーの臼井隆志さんに、赤ちゃんが世界をどう見ているかを教えていただくこの連載。第5回目は、赤ちゃんと大人の関係から、赤ちゃんのきもちをひもといていきます。

これまでは赤ちゃんの認知・思考や、全身運動の発達過程についてひもといてきました。しかし、赤ちゃんは自分ひとりで考えたり運動したりできるようになるわけではありません。赤ちゃんが何かを学んでいくうえで周囲の人たちの関わり方を考えることが重要です。
この回では、赤ちゃんと物の関係ではなく、赤ちゃんと大人の関係を考えてみたいと思います。

なお今回参照したのは『意味から言葉へ 物語の生まれるまえに』(浜田寿美男著,ミネルヴァ書房)です。この本は、赤ちゃんが生まれ落ちてから言葉を獲得するまでの過程を、身体や周囲の大人との対話を通して解き明かしていきます。
たとえば、赤ちゃんの「泣く」という気持ちの表現は、「誰かが気づいてなだめてくれる」ことで成り立ちます。「泣く」ことそれ自体で生理的な欲求を満たせるわけではなく、誰かが欲求を満たしてくれることを伝えるための手段です。こうした赤ちゃんの気持ちの表現がどのように他者との関わりのなかで変化していくのかを学ぶことができる良書です。

「人見知り」をする赤ちゃん

では、赤ちゃんと大人の関係をひもといていきます。赤ちゃんと大人の関係を「目が合う」という状態から考えてみましょう。

当たり前ですが、目が合うというのは「眼球を見る」ということではなく、目と目が合い、お互いを一人の人/主体として認識し合うことをいいます。 ぼくたち人間は生まれてすぐから、親にミルクを与えられたり、オムツを替えてもらったり、一緒に遊んでもらったりして成長していきます。赤ちゃんはそうして慣れ親しんだ他者に対して、目を見て微笑んだり、嬉しそうな声をかけたりします。

一方、生後半年過ぎころから表れる「人見知り」は、見ず知らずの他者に対して身構え、ときに身体を「こわばらせる」ことを言います。これは「目を合わせること」によって、相手を一人の人であることを認識していることの表れです。赤ちゃんは家族や親しい人の顔と関わり方のパターンを記憶しています。新しいパターンの顔(=見ず知らずの他者)が現れると、どんな関わり方をしてくるのか予測がつかず、不安と緊張に全身が支配されてしまうのでしょう。

では、どうすればこの「こわばり」がとれていくのでしょうか。以下に書くような「同じ物を見る」「眼差しと思いを重ねる」というプロセスを積み重ねていくことで、次第にこわばりがとれ、相手がどんな人かが見えてくるようです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

意外と知らない 赤ちゃんのきもち (スマート新書)

臼井隆志,ながしまひろみ
株式会社ピースオブケイク
2018-08-15

この連載について

初回を読む
意外と知らない 赤ちゃんのきもち

臼井隆志

物を叩いたり、投げたり、かじったり、よじのぼったりして遊ぶ赤ちゃん。それらの行動にはどんな意味があり、赤ちゃんはどんなふうに世界を見ているのでしょうか? 0〜2歳の赤ちゃんが世界を知ろうとする過程について、「赤ちゃん向けワークショップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tatsunyan1230 赤ちゃんの気持ちが論理的に説明されててわかりやすい。子育てもなんでも相手の気持ちになることが大切。 約2年前 replyretweetfavorite