年下の女性を教え諭したい……満たされない承認欲求を抱えた男性たち

夜の世界は「男性の欲望をダイレクトに具現化・肯定した世界、それゆえに女性差別の塊以外の何物でもない世界」と多くの人に捉えられがちな反面、視点を変えると「男性の生きづらさ、そして社会的孤独が凝縮して表れている世界」でもあると坂爪さんは言います。「男」として肯定される場所、自己開示できる場所を持たない男性が抱えてしまう生きづらさについて、さらに迫ります。『孤独とセックス』、必読です!

●「男」として肯定される場所、自己開示できる場所の欠如

水や風の世界は、男性の欲望をダイレクトに具現化・肯定した世界、それゆえに女性差別の塊以外の何物でもない世界として捉えられがちですが、見方を変えれば、男性の生きづらさ、そして社会的孤独が凝縮して表れている世界だと言えます。

ライフコースの観点から見ると、大多数の男性には、「学校を卒業したら、後は定年まで40年間(あるいは死ぬまで)ひたすら働き続ける」以外の道がありません。その道から外れた男性は「ニート」「ひきこもり」「無業者」というカテゴリーに入れられてしまい、社会的な居場所や出番を失ってしまう。

私が18 歳だった1990年代後半は、「安定からやりがいへ」という労働観が世の中に広まり始めた時代でした。大企業でサラリーマンとして働くよりも、NPOやITベンチャーで個人のスキルを活かして働くこと(あるいは起業すること)、やりがいを重視した仕事をすることこそが「新しい働き方」としてもてはやされていました。

私自身も「このまま地元の新潟で公務員とか正社員とかになるくらいなら、首を吊ったほうがマシだ」と真剣に思っていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

人気放送作家がサラリーマン社会の暗部を抉る、ノンストップ・サスペンス!

この連載について

初回を読む
孤独と性をめぐる11のレッスン

坂爪真吾

高校の三年間、友だちは一人もできなかったし、恋人も作れなかった。恋愛もセックスも何一つできなかった。一発逆転を賭けて東大を目指すも、センター試験は全教科白紙で提出。すべてから逃げ出した坂爪少年は「卒業式が終わったら、自殺しよう」と決意...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Joel_326 どこぞのキャバに行ったら、嬢の前でおじさんが眠りこけてた。 別のおじさん… https://t.co/yGTfJIyKv7 約1年前 replyretweetfavorite

ikb 『自己開示できる場を持つことは、孤独から脱出するための第一歩だと言えます。』 約1年前 replyretweetfavorite

GeeeeN2525 なるほどなぁ。夜のお店で仕事の自慢するってこれほど恥ずかしいことはないと… https://t.co/hx5oFwmGpb 約1年前 replyretweetfavorite