あいつら」を指差すことで「自分ら」が結束しようとしちゃう感じ

自民党の杉田水脈衆院議員の「LGBTの人は生産性が低い」という発言が物議を醸しています。牧村さんは、今回の記事の書き出しを「どうもこんにちは、生産性の低いLGBTです」にしようとして、自らボツにしました。代わりに書き始めたのは、アメリカの実業家イーロン・マスクの元奥さんと新しい彼女のエピソード。そこには牧村さんの強い信念が垣間見えます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

ちょっと最高な話があるから聞いてほしい。

アメリカの億万長者な実業家、イーロン・マスク……………………………………の、元奥さんと新しい彼女(女優)の話だ。2010年、マリ・クレール誌に載った話からかいつまんで紹介する。

イーロン・マスクと、その初めての結婚相手、ジャスティン・ウィルソンは、かつて同じ大学に通っていた。ジャスティンは勉強熱心で、イーロンは恋愛体質で、「ねえねえジャスティン!ぼくとアイスクリームやさんに行こうよ!」と言ってきたイーロンの誘いよりも課題を優先してジャスティンはガリゴリ勉強していた。

夏の灼熱の学生センターでジャスティンはガリゴリ勉強していた。

するとふと、背後から咳払いが聞こえた。

振り向くとそこには、ぼたぼた溶け落ちるチョコチップアイスを両手に持ち、気まずそうに微笑むイーロンがいたのだった。

作家を目指してガリゴリ勉強するジャスティンの姿に、イーロンは言った。「きみの中にぼくを見るようだ」。ジャスティンは思った。「私の長い髪でも、細い腰でもなく、この野心を見てくれるんだ」……そしてふたりは結婚し、曲がりなりにもシリコンバレーのアパートに引っ越した。同じく大きな野心を抱く、同居人の若者たちと家賃を出し合って。

時が経ち、イーロン・マスクは富豪になった。

「プラチナムなきみになってよ」

イーロンはジャスティンの髪を金髪に染めるために金を出した。

「きみは本を読みすぎだ」

これでいくらでも本を買いたまえとクレカを渡したイーロンはたぶん、さみしい、って素直に言うには、高すぎる権力の台にのぼってしまっていた。

ジャスティンは言った。

「私は妻であって、社員じゃない」

イーロンは怒った。

「もしきみがうちの社員なら、ぼくはきみをクビにしてやるからな!」

ふたりは離婚し、ジャスティンは髪を切った。

6週間後、イーロンはジャスティンにこんなSMSを送りつけた。

「婚約した。若くてゴージャスなイギリスの女優だよ」

その女優の名は、タルラ・ライリー。ジャスティンより13年若い女優だった。

「ありがち。」ジャスティンはそう書いている。けれどもありがちじゃなかったのは、この続きだ。“貧しい日々を共にした元妻”ジャスティンと、“金持ちになってからの若い新妻”タルラは、こんなメールを交わしあっている。

ジャスティン「ね。私たち、フランス映画みたいにしましょ。二人の女が友だちになり、思想がめぐるフィロソフィア。アメリカ版より断然好きよ……“GOOD”と“BAD”が戦って、敗者が投げ落とされるより」

タルラ「そうね。私たち、フランス映画で行きましょう」

数年後、タルラも離婚した。そんで復縁したけどまた離婚し、ジャスティンとタルラは“元妻”どうしとなった。タルラジャスティンのツイッターアイコンは、現在、どちらもおそろい金髪ロングヘアになっている。女優だったタルラは、二度目の離婚をした2016年、はじめての小説を上梓し、「作家」を肩書きに加えている。夢を叶えたジャスティンとおそろいの、「作家」の肩書きを。

わたしは思った。

「は? 最高かよ……🙏」

それからというもの、マジで一刻も早く、「私たち、フランス映画で行きましょう」って言いたくてしょうがない。言いたい。そのあとウィンクしたい。「あちらのお客様からです」の次に憧れるセリフである。ぼくも富豪と離婚したい。あ、でもそれじゃあ富豪に悪役を押し付けちゃうから、単純だな。もっとフランス映画したい。思想のフィロソフィアしたい。離婚後の雑誌インタビューで「ぼくは恋してないとハッピーになれないんだ」って語ってしまうイーロン的なるものの孤独をも包含した、思想のフィロソフィアしたい。

包み込みたいんだ! 悪役を求めてしまうぼく自身の弱さを!!

「悪役を求めてしまう弱さ」、人間を強い気持ちにするのでとても気付きにくい。

男と女。

大人と子供。

強者と弱者。

加害者と被害者。

障害者と健常者。

与党と野党。

マジョリティとマイノリティ。

どっちも、
自分が
正しいと
思って
るよ。
戦争なんて
そんなもんだよ

と、ドラえもんは言ったのだけれども、それな。である。

例えばこれとか見てみよう。


(Googleスクリーンショット、2018年7月24日閲覧)

「右=愛国」「左=反日」って書かれているNAVERまとめがミリオンヒットしている。現時点で右は340万PV、左は180万PV。マジビビる。鼻毛出る。

えっ、マジでこんなにGOODかBADかで世界をとらえてるわけ?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

maguhekikai あの一件は、消耗したとしても、結束して徹底抗戦した方がいいと、私は思う。フランスのレジスタンスのように。> 10ヶ月前 replyretweetfavorite

kiracorico めっちゃ、自戒の意を込めて。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

kenken321 https://t.co/cJajOgnSHc 10ヶ月前 replyretweetfavorite