#2 実はまだ分からないことだらけ! 大人の発達障害の大誤解

発達障害という言葉は広く知られるようになってきた。だが、その中身には思い込みや誤解がたくさん。分かっていないことも多い。専門家でも診断が難しい厄介なものなのである。

Q なぜそうだと分かりにくい?

 発達障害はまれなものではない。ASD(自閉症スペクトラム症)は、児童の2%~数パーセント、成人の1%ほどにあるとされる。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
職場の発達障害」最新事情

週刊ダイヤモンド

発達障害はかなり認知されてきている。「大人の発達障害」もそれなりに知られるようになった。だが、まだまだ誤解も多い。職場でそんな「大人の発達障害」とどう付き合っていけばいいのか。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません