#1 発達障害とはこう向き合う(武田双雲×加藤進昌)

書道家の武田双雲氏は自身が発達障害のカテゴリーの一つ、ADHDだろうと言う。長年、大人の発達障害の診療に当たってきた加藤進昌氏と、その特性や自身の経験、対処法を語った。

──発達障害はアスペルガー症候群などのASD(自閉症スペクトラム症)、ADHD(注意欠如・多動性障害)、LD(学習障害)に分かれますが、武田双雲さんはブログで「たぶん、僕もADHD」と打ち明けています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

職場の発達障害」最新事情

週刊ダイヤモンド

発達障害はかなり認知されてきている。「大人の発達障害」もそれなりに知られるようになった。だが、まだまだ誤解も多い。職場でそんな「大人の発達障害」とどう付き合っていけばいいのか。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takekuwa 「幼いころ、多動が目に付くのは割と普通で、不注意型の大人も、子どものころは多動だったことが多い。」(… https://t.co/ZVMe6Lx3lR 約1年前 replyretweetfavorite