#5 規模拡大で後回しになった人材と店舗の質を上げたい

業界2位の巨大コンビニエンスストアのトップに就いて1年半。過去の大規模な統合に伴うひずみと向き合い、解決策を探る日々が続くファミリーマート社長・澤田貴司が直面する課題と、その先の理想のコンビニ像について聞いた。

──柳井正・ファーストリテイリング社長(当時)から後継指名を受けましたが、断って2002年に退社したのはどうしてですか?

 一番大きかったのは、やはり自信がなかったんでしょうね。後継を打診されたのは、売上高がピークを過ぎたころ。回復させることはできないと思いました。1年ぐらい悩んでいて、女房から「あのときのパパが一番暗かった」と言われます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ファミリーマート社長・澤田貴司の苦闘

週刊ダイヤモンド

サークルKサンクスとの経営統合により、コンビニエンスストア業界で店舗数2位に躍り出たファミリーマート。ただ、首位のセブン-イレブン・ジャパンとの実力の差は依然として大きく、統合後の体制整備も道半ばだ。ファミマを“戦う集団”につくり直す...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません