人生初の山下達郎ライブは人生ベスト級だった

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、1歳8カ月の息子を育てる樋口毅宏さん。2017年8月上旬の日記をお届けします。7月末の特別日記、フジロック極私的レポートはこちらから!

8月2日

かずふみ、コップの水をミニカーで掬って飲む。 注意したふさこに逆ギレし、コップを放り投げる。

「かずちゃん、コップさんかわいそう!ナデナデして!」

かずふみ、言われるがまま、コップをナデナデ。 ひとつ芸を仕込んだ。

「もうニコニコしている。かずちゃん喜怒哀楽激しいわあ」

誰に似たのかね。

8月4日

司法試験に落ちまくっていた私は当時「合格者は夜な夜な集まって女体盛りをしている!」という妄想にとらわれており、元カレが先に合格しちゃったので「女体盛り…っていうか乱行してるやろ!」と言って大暴れしたという話を思い出しました。

三輪記子さんのツイート。

この元カレさんとは面識があります。悪いのはすべてふさこです。

もしまた会えたら手を取って、

「あなたがふさこと結婚しなかったせいで、僕がいま尻拭いをしてるんですよ!」

と訴えたい。涙目で。

8月6日

小学校の同級生と30年ぶりくらいに再会してランチ友達に。 夏は彼女の実家のガレージで簡易プールを設置して水遊びをするという。 プール日和の今日、就学前の子ども達と水遊び!と思ったら「知らない子ばっかりだよー」と泣きじゃくるムスコ。夫は子ども達に「あやしいおじさん!」と水浸しに。

こちらも三輪記子さんのツイート。

かずふみが人見知りで人の輪に入ろうとしないので、スパルタでプールに突き飛ばしてあげた。

慌てふためき、もがく様子は、偶然にもニルヴァーナの『ネバーマインド』みたいに。

良かった良かった。←何が?

8月7日

妻の実家がある広島県福山市で、人生初の山下達郎ライブ。

かずふみをお母さんに預けて、ふくやま芸術文化ホールに向かう。2000キャパぐらいの会場。1994年にできた建物にしては椅子悪し。

(そういえば転売できないようにチケットレスでしたよ。)

結論から書くけど最高だった。 人生ベスト級。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tksa4883 『達つぁんとひぐたけさんは同じ池袋出身!!』 5ヶ月前 replyretweetfavorite