桃山商事の恋バカ日誌

カップルのケンカは「始め方」で結果が変わる

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、新感覚の恋バナ談義を繰り広げるこの連載。前回に続く「ケンカの火種」の後編をお送りします。今回は、どうすればお互いのためになるような"いいケンカ"ができるのか?についてです。

“そもそも論”に降りるとケンカは爆発する

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

森田 ケンカそのものではなく、ケンカのきっかけとなったエピソードを紹介していく「ケンカの火種」、今回は後編をお届けします。

ワッコ 中編では家事の話が中心になりましたね。

森田 今回はちょっと毛色の違うエピソードを紹介しつつ、火種の核心に迫っていきたいと思います。まずは我々のニコ生番組「恋愛よももやまばなし」の常連投稿者“いつもの先輩”から聞いた話で、彼女の「焼肉の焼き方」がケンカの火種になったというエピソードから。

清田 食事も家事と同じくらい、ケンカの火種になりがちだよね。

森田 先輩は“肉奉行”で、恋人と焼肉を食べるときは、焼くのも取るのも全部やってあげるんだって。「一番美味しい状態で食べさせてあげたい」という気持ちがあるみたいで。

ワッコ 彼女からしたら至れり尽くせりで、よさそうですけどね。

森田 でもその時つきあっていた彼女は、「私は私のタイミングで食べたい」と、自分で焼き始めたんだって。その焼き方は、焼き過ぎたり、タレと塩を間違えたりと、先輩からするとあまりに雑に見えた。だから彼女の肉の管理もしようと手を出したら「やめて」と言われて、先輩は反射的に「俺に指図すんな」と返した。

清田 先輩のほうがガンガン指図してるように見えるけど……。

森田 対する彼女は「私は自分がやめてほしいと思ったことを言っただけで、ダメ出しをしたわけでもないのに、なんでそうやって怒るの?」と言い、さらに畳み掛けるように「そもそも、いつもそういう上から目線なのが嫌だ」「だからあんたはダメなんだ」と、先輩の人間性を激しく責めてきたんだって。最終的に、先輩は泣いてしまったらしい。

ワッコ 泣いたんですか!? 劇画タッチですね。

清田 先輩としては、より美味しく肉を食べてもらいたいって気持ちだったのに、突然「そもそも」の人格まで否定されたのが理不尽に感じたんだろうなあ。ケンカが激しくなると、こうやって“そもそも論”に降りていくことが多いよね。地下には天然ガスのように不満が溜まっていて、そこに火がつくと大規模爆発が起きる……。


地下には「そもそも論」的な不満が溜まっている

ケンカができないという悩み

ワッコ 今の話でもそうだったんですけど、「激しく罵る」とか「泣く」っていう劇画タッチの行動が得意な人っていますよね。ちゃんとケンカを売れる人。わたしはそういう劇画行動が全然できないんです。

森田 劇画行動(笑)。ワッコはこれまでの人生で、彼氏とケンカしたことないって言ってたもんね。

ワッコ もちろんムカついたことは数え切れないほどあるんですけど、激しく怒ったことはないですね。怒り方がわからないんですよ。

清田 俺も怒るのが苦手だから、よくわかる。たぶんワッコや俺の中には、ケンカっていうコマンドがないんだよね。

ワッコ そうなんです……。ただ、こんなわたしでも昔一度だけ彼氏にケンカを売ったことはあるんです。けどそのケンカは買ってもらえなかった。

森田 うまく火をつけられなかったのか……。それはどういう顛末だったの?

ワッコ 数年前に付き合ってた恋人との話で、その人とは会社帰りによくゴハンを食べてたんですけど。彼がやたらと自分の女性の上司とそのだんなさんを誘って、4人の会にしようとしていた時期があったんですよ。

清田 ちょっとしたダブルデートみたいな状況になってるわけか。なかなかレアな設定だね。

ワッコ 彼と上司とそのだんなさんは、仕事の場で日頃からよく会っていたみたいで。わたし以外の3人は「××さんが◯◯したけど、あれはないよね〜」みたいな内輪の話でいつも盛り上がっていたんです。だけどわたしは「××さん」のことも「◯◯」のことも知らないから、完全に会話から置いてけぼりにされた。

森田 それはつらいなあ。彼はフォローしてくれなかったの?

ワッコ 最悪なことにノー・フォローだったんですよ。相手は彼の上司だから、わたしも話に乗っかって気の利いたこと言わなきゃ……みたいに思ってたんだけど、乗っかり方も、何を言ったら喜ばれるかもわからない。そのうち気を回すモチベすらなくなって、「すげーつまんねー、まじ帰りたい」っていう気持ちになっていったんです。それが10回くらい続いた。

清田 多いな。1回でも結構きつそうなのに……。

ワッコ ずっと耐えてたんですけど、置いてけぼりが特にひどかった日があったんです。その帰り道に意を決して「わたしはこの飲み会がすごく苦痛です」と伝えたんですよ。

森田 10回も我慢してきた果ての言葉だから、相当な重みがあるよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomshirai 「わたしを10回もあんな現場に連れていくような人に、そもそも… https://t.co/tcFQAFC0s6 10ヶ月前 replyretweetfavorite

consaba 清田隆之+森田雄飛+ワッコ  10ヶ月前 replyretweetfavorite

co_yxx どの人間関係にもいえそう。参考になる〜。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

GeeeeN2525 批判 ではなく 不満 からってこれ結構大事かも。 部下に変わって欲しい時もこうしろっ… https://t.co/FR8lg108XR 10ヶ月前 replyretweetfavorite