暑いときでもごはんがすすむ、やみつき夏バテ解消スープ!

ビタミンCやミネラル、食物繊維がたっぷり含まれ、疲労回復に効果があるゴーヤ。今回はそんなゴーヤとたまごとキムチを使ったピリ辛スープをご紹介します。
スープ作家の有賀薫さんのスープレッスン。おいしいスープづくりのコツを紹介した新連載『忙しい現代人のための 手軽でおいしいスープ入門』もあわせてお楽しみください。

苦味と辛みのダブルパンチ

沖縄料理の食材として知られるゴーヤ。その鮮烈な苦味が、慣れてしまうとたまらない魅力にかわる、やみつき野菜のひとつです。ビタミンCやミネラル、食物繊維がたっぷり含まれているほか、苦味成分には胃の粘膜保護や疲労回復といった効能があり、夏バテ解消の食材としても知られています。

苦味をおさえる調理法もありますが、今日はあえてゴーヤの苦味を生かし、さらにキムチで辛さとうまさを加えて、パンチのきいた夏らしいスープに仕上げましょう。ゴーヤの苦味とキムチの辛味をたまごがまとめて、バランスよく食べやすくなります。

暑くて食欲がないときにもスープなら食が進みますし、ごはんとの相性はもちろん、冷えたビールやハイボールにもよく合います。ぜひ、試してみてくださいね!


ゴーヤとたまごのピリ辛スープ

材料(2人分) 調理時間約10分

ゴーヤ(にがうり) 1本
キムチ 50g
たまご 2個
塩 小さじ 1/2(※キムチの塩分による)
サラダオイル 小さじ2
水 500mL

作り方

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中です!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

dogmassagecs 何かパンチのあるものが欲しくて、ゴーヤとたまごのピリ辛スープを。 苦くて辛い大人の味だね。 https://t.co/Y7NUjOpr5L https://t.co/PgdXKS9FwH 4ヶ月前 replyretweetfavorite

RurupitaX @beerbeer1109 レシピ! https://t.co/mzMDLx9hT4 1年以上前 replyretweetfavorite

tweetssb レシピはこちらですー。元気になるスープです! https://t.co/9IhTNEVPIK 2年以上前 replyretweetfavorite

Akiko0709 ゴーヤとトマトと卵のスープはこちらを参考に。なるべく火使いたくないから、さっと作れるスープがありがたい… 2年以上前 replyretweetfavorite