Q.サッカー日本代表に負けてほしいと思ってしまう自分なのですが…

サッカー日本代表とフィギュアスケート日本代表がどうしても応援できない相談者さん。密かに負けてしまえとすら思ってしまう自分の心を持て余しているようで…
元メンヘラで現ハッピーリア充のスイスイさんが、呪い=心のニキビ説を提唱します。

スイスイさんに相談したいお悩みを募集中。メンヘラ、メンヘラホイホイのハッピーについてお悩みのある方は、こちらの専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

どうしても応援できない

サッカー日本代表とフィギュアスケート日本代表がどうしても応援できません。
応援できないどころか、関連ニュースやファンの声を聞くだけでイライラします。

最近のワールドカップでは、グループリーグを突破しませんようにと願っていました。負けたときは心底ほっとしました。
まわりの人はみんな応援しているので、誰にも言ったことがありません。

昔からメジャーなコンテンツや明るくキラキラした人をかなり馬鹿にしており(自分を馬鹿にしているのではと思って近寄れない気持ちの裏返しではと思います)、思慮が浅いと決めつけていました。

ですが歳と共に、多くの人に受け入れられるものをつくる途方も無い労力や、いつも明るく振る舞う人の表に出さない努力などを知るようになり、素直に尊敬できるようになりました(近寄れない気持ちは変わりませんが)。

ですが、サッカーとフィギュアだけはどうしてもだめで、日本代表に失敗してほしい、負けてほしい、と思ってしまいます。
それ以外のスポーツは日本代表も応援できます。外国人同士の試合も楽しく見られます。

積極的に応援できるようになりたいとも思いませんが、負けを願ったりイライラしないようになりたいし、このイライラの根本原因を把握したいです。

(あき・32歳・女・会社員・ややメンヘラ)

強い。この連載に来たツヨめのお悩みランキングでベスト8進出。このような悩みを自らの中に認め、解決するためにここに晒せたこと自体が凄い。
今回の悩み、はじめて「共感できないかもしれない」と思ったのだけど、そんなことなかった。

私自身スポーツチーム呪ったことないだけで個人だったらサッカーチーム3つ分くらいは呪ってきたし、呪う自分に悩んだこともある。かつ、今は全く悩んでいない(数は減ってるが、悩まず呪っている)。

プロ呪い使い。(今回は「人の不幸を祈る」を「呪い」と言い換えて進めます。)

呪ってしまうことや、それにまつわるイライラから解放されたいあなた。あなたがそのままの状態で東京オリンピック迎えたら大変なことになりそうなので、一刻も早く解決策考えたから付いてきて!

呪い披露宴

わたしの経験にも触れながら解決ルートに進みたいので先に、僭越ながら私の呪ってきた内容、倫理的に掲載できるカワイイものだけ披露すると……

・元彼全員離婚して(元彼自体ではなく妻への呪い。元彼の幸せは誰より願ってる)
・あの美女(友人の友人)が始めた新ブランドすぐ頓挫して
・あの同級生、起業したらしいけど速攻もめて解散して
・あの同期、クッソハイスペイケメンと婚約したらしいけど破棄されて

とかとか。

20代の頃は、こうして人の不幸を七夕に願う自分に対して……相手を素直に応援できない罪悪感を抱いたり、「なんて心が狭いんだ」と自己嫌悪を感じてたけど、繰り返すが今はそんな苦しさ感じない。その経緯をまずお知らせしたい。

呪いは悪ではない

まず参考にならないであろう壮大な話からすると……私は3年前エッセイを書き始めた頃から「1000年先まで残る人類の標本になりたい」と思っている。
(標本と言ってもミイラになるとかではなく、2000年代に生きる人ならではの感情や行動を文書で後世に残したい)

なので、たとえ悪目立ちするものでも、自分の特徴的な行動や感情を発見するたび「貴重な人類資料」として扱い、noteやここに保管している。

ただしどれだけ自分が異質で恥ずかしいと思ってるそんな個人資料でも、大抵1000年先までなんて残らない。孫の次の代の人の時点で、私を知ってる人さえきっとゼロ。そう考えると自分の性格のちょっと汚くズルく浅はかな部分(ダークサイドと呼びます)なんて塵以下に小さく、自分がそれを愛でる以外は誰からも忘れ去られるだけだと思ったら、急に自分のダークサイドが愛しく感じるようになった。

つまり私の場合、自分のベースとしてあるダークサイドを「興味深い資料」として客観的に捉えられるようになったことで自分への嫌悪感全体的に減っている。
というなかで、特に「呪い」というのは誰にも迷惑をかけないので罪悪感を感じる必要もない。

なぜなら呪いたくなるような相手って日々それぞれに地道な努力を重ねており(サッカーやフィギィア代表なんてまさに)個人の呪いなどに脅かされない。

影響力ゼロな我々の呪いなんて、罪悪感ゼロで勝手にかけてればいい。

さらに言えば、人を呪うことはそこまで珍しい行為ではないので、取り立てて自分を責める必要もないと思う。

大抵の人間が4年に1度は人を呪うのでは。
なぜなら呪いって、ニキビみたいなものだから。心になにか”膿”が溜まってたら、勝手に発生してしまうものだから。もう生理現象。

上記の考え方により、罪悪感も過剰な自己嫌悪感も、持つ必要ないと思うようになった。

呪いはチャンス
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

lotta543z 呪いは悪ではない、チャンスってもうグイグイ引き込まれましたわ。根本をあぶり出す手法に優しさを感じる。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 "悩み交換は人の距離つめる。" 12ヶ月前 replyretweetfavorite

moxcha EXILEわかる…彼らの活動を特集した番組を見て、どうでもよくすることができた。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

koropanda1 すんごい実用的… 12ヶ月前 replyretweetfavorite