嗚呼、コミュニケーション! そしてみんな「ノマド」になる【第8回】

仕事のグローバル化が進むにつれ、ますます重要になるのが世界に通用するコミュニケーション能力。でも、それって一体なんなんでしょう?

前回前々回にわたってグローバル人材やグローバル・スタンダードについてお話してきました。それらの回でも触れた通り、多国籍な職場で必要なのは、どの文化圏の出身者にも自分の意図を明確に伝えられるコミュニケーション能力です。今日はそのコミュニケーション能力が一体どのようなものなのかを掘り下げて考えてみましょう。

「書く英語」の重要性
 英語でコミュニケーションというとまず英会話を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。しかし、グローバル企業の現場で何よりも大切なのは、会話能力よりもむしろ英語で「読み書き」する能力です。グローバル企業では、英語がネイティブでない人が多数働いているので、発音が明瞭でない、あるいは話し言葉が通じにくい人などいくらでもいます。日本人の英語の発音はむしろ聞き取りやすいほうといってもいいでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ko_kishi "しかし、グローバル企業の現場で何よりも大切なのは、会話能力よりもむしろ英語で「読み書き」する能力です。" |松井博|cakes http://t.co/AW4EDVTZsQ 4年以上前 replyretweetfavorite

y_yt 僕ら非英語圏の人間は、常にWhy-Becauseのロジックで、短い英文を積み上げるしかないと思うんだよね。関係代名詞も禁止かな>松井博『グローバル企業の現場で何よりも大切なのは、会話能力よりもむしろ英語で「読み書き」する能力です』 https://t.co/RgTHTpOU3d 4年以上前 replyretweetfavorite

y_yt まさに!>『グローバル企業の現場で何よりも大切なのは、会話能力よりもむしろ英語で「読み書き」する能力です』 で、Why-Becauseを短文で積み上げる…|松井博『 4年以上前 replyretweetfavorite

Matsuhiro cakes 更新しました。今から1時間無料です。/「 4年以上前 replyretweetfavorite