わざわざ平田の履歴書

『山の上のパン屋に人が集まるわけ』の公開以来、独自の経営スタイルや働き方で注目を集める「わざわざ」の平田はる香さん。彼女の話を聞いた人は「なぜパン屋?」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか? 前回、なかば思いつきで「家を建てるなら、お店やろうかな」と開店を決意した平田さんでしたが、その裏には青年期の体験が色濃く影響していたようです。

わざわざの実店舗入り口

店という仕事を思いつくまで

前回、店というものを思いつきでやることにした話を書いたけど、思いつきに至るまでには中学生頃から20歳代の青年期の体験が強烈に影響をしていて、その上で最後に「店をやる」ことを思いついていると言っていい。私は、もともと店をやりたいとは一ミリも考えたことはなかった。だけど、今こうして店を営んでいる。だから、今回はそこに至る経緯を説明しなければなるまい。

私は東京生まれ静岡育ちで、また東京に戻り、その後長野に移住している。東京には通算11年、静岡に15年、長野にはもう16年も住んでいることになる。夫の転勤で偶然、長野に引っ越してきて、私たち夫婦には縁もゆかりもないない土地であるのに、子ども達は長野で生まれ育ち、いずれ長野が故郷になる。それがとても感慨深い。

長野に引っ越して来て一番変わったことと言えば、ごく普通の人間らしい一般的なことをしたことだと思う。27歳にして生まれて初めて就職活動をして、地元のシステム会社にWEBデザイナーとして就職して3年弱働いた。東京に住んでいた頃は、仕事はかなりフラフラしていて、人生の中でほとんどまともに働いたことはなかったと言っていい。だから就職するという選択をしようとしたこと自体が事件だったし、大きな転機にもなった。貴重な体験をさせてくれたその会社に、今もとても感謝している。

小学生時代

小学生の頃

思い起こせば、そのフラフラとしていた兆候は、すでに小学生の頃から現れていた。どうしても学校の規定通りに生活できず、毎日忘れ物を重ね、規則正しい生活を送ることが非常に困難で苦手であった。勉強は割と好きで授業は熱心に聞いていたので、成績は中の上で悪くはないが、興味のないことをやることが一切できなかった。性格はとにかく明るくいつもニコニコしていたので、先生に怒られつつもかわいがられるような子ではあったと思う。

実家にたくさんの本があり、幼い頃から本に囲まれて育っていた。自然と読書が好きになり、常日頃から本を読んでいた。小学校の図書館の本は大体読んでしまって、父親に本をねだってよく買ってもらった。そのせいかどうかはわからないけれど、高学年からは本の中の世界と周囲とのギャップを感じ始め、早く大人になりたいと願うようになっていた。きっと中学生になったら大人になるのだという期待を抱いて。

好きなことをやり続けたくてアルバイトに明け暮れる
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わざわざ平田の思索日記

平田はる香

長野県東御市にある「パンと日用品の店 わざわざ」。山の上の長閑なこの場所に、平田はる香さんは2009年にひとりでお店を開きました。平田さんがnoteで公開した記事「山の上のパン屋に人が集まるわけ」が大いに反響を呼び、独自の経営スタイル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

izaken77 いま話題の「わざわざ」平田さんがパン屋をやることになった経緯が書かれている。なんとなくパン屋をやることにした気持ちがわかるような気がする。 @wazawazapan 1年以上前 replyretweetfavorite