鉄分食材は、「含有量」より「吸収効率」で選ぶ

新宿溝口クリニックの溝口徹氏曰く、「鉄分をとる、といっても闇雲に分量をとればいいとはかぎらない」という。
健康増進のための食事として、上げられることの多い「鉄分」の具体的な取り方について話を聞いてみた。

【うつ病予防の極意2】「赤身肉」で「ヘム鉄」を補給しよう—鉄分食材は、「含有量」より「吸収効率」で選ぶ

・「鉄分補給にプルーン」も誤解だった—植物性食品の「非ヘム鉄」は吸収されにくい

「鉄を上手に補給すると、お母さんが怒らなくなって、子供が安心できる」鉄分補給の端的な効能実例として、溝口氏は、こう明かす。ただし鉄分補給には、一つ見過ごされがちな注意点があるという。

「鉄を多く含む食品というと、ほうれん草やプルーンが思い浮かぶかもしれませんが、これら植物性食品に含まれる鉄は『非ヘム鉄』と呼ばれ、体への吸収率は非常に低い。それどころか、とりすぎれば毒にもなります。 より体に効率的に吸収されるのは、動物性食品に含まれている『ヘム鉄』です。これは私たちの体内にあるのと同じかたちの鉄です」

特に栄養学に詳しくない私たちは、栄養素の「含有量」で食品を選びがちである。しかし、いくら含有量が多くても、体内で有効利用されなければ「無用の長物」なのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

最高の自分を引き出す超・具体的実践法

この連載について

初回を読む
最強の健康法 ベスト・パフォーマンス編

ムーギー・キム

【これで健康本は最終決着!「朝起きて夜寝るまで、本当に効果のある毎日の健康習慣とは?」】 50人を超える一流の名医・健康専門家オールスターチームが集結! 最強の信頼性を担保するべく、 東大医学部で教鞭をとる中川恵一氏と、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません