直感的にわかってしまう愛猫の最後

母、夫、息子と共に愛猫たちと暮らしているゆるりまいさん。ある日、持病の腎臓病が悪化して入院することになった「ゆう」。数日後、獣医さんから「もう危ないかもしれません」と連絡を受け、家に連れ帰ってくると……。前回「具合悪いの全然気づけなかった……ごめんね」はこちら


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ゆるりまいにち猫日和

ゆるりまい

累計20万部を突破した『わたしのウチには、なんにもない。』シリーズが大人気の漫画家ゆるりまいさんによる描き下ろしコミックエッセイ! 母、夫、息子と共に愛猫4匹と暮らしているゆるりさん。猫たちを愛でながらも、彼らにふりまわされ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nannimonaiblog まとめる能力がなくて、前後編で終わらせる予定が3話構成になりそう。長々申し訳ない。 https://t.co/3wbLanGrzu 約1年前 replyretweetfavorite

chibicoo ゆうちゃん、わかい…。うちのみんなもだいぶ熟年になってきたし、歴代猫の年を越えてきたから日々大事に暮らしていかなきゃ。 : 約1年前 replyretweetfavorite