説明下手ですけど、がんばって説明します ~資産1億円の道 感動の投資信託~

やたら長くて、説明がまどろっこしくて、漢字ばっかりで、言い訳なのか、責任逃れなのか、まわりくどい言い方ばかりしている金融商品の説明文書。はじめさんは、説明が下手かもしれませんと前置きをしたうえで、がんばって一押しの金融商品の説明をしてくれました。この金融商品は、はじめさんの言う「世界経済の成長に沿った投資」という要望に合致した商品だそうです。

6,000種類以上ある投資信託の中から見つけた究極の1品(1本)!


前々回前回と投資信託を購入するための、口座開設から実際に商品を選択して、注文をする方法までをお伝えしました。

あとは、真似して行動あるのみ! といいたいところですが、肝心の自分の財産を託す商品が、どういうモノかわからないですよね。

そう。投資信託とは信じて託す投資商品なのです!

だから今回は、前回紹介した『三井住友TAM-世界経済インデックスファンド』がどのような商品なのかということを、投資信託の説明と併せて解説していきます。

*先に伝えます。今回と次回に伝えることは理解しなくて大丈夫です。理解するのは、実際に運用を始めてからでも全然遅くありません。どちらかというと行動に移してみることのほうが大切です。だって、一旦行動して前回紹介した自動積立の仕組みを作っておきさえすれば、あとは勝手に世界経済の成長に合わせた投資を行っていることになるのですから!

*もうひとつ伝えます。ぼくは投資信託の専門家でも、伝道師でもありません。今回の解説をするために、自分なりに投資信託の勉強をして出来る限り噛み砕いてお伝えしているつもりですが、投資信託に詳しい方からは間違っているという指摘があるかもしれません……。その点はご容赦ください。でも、1つ言えることは、全てを正確に理解していなくても、世界経済への投資は出来るということです!

では始めます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由

井上はじめ

どちらかというとダメリーマンの筆者がどうやって1億円を貯めたのか? 意識高く自己研鑽に励み、収入アップをめざす方法ではないやり方で、老後も安心な資産形成をめざす! ユニークで誰にでもできる資産形成方法を次々と発見していく筆者は、マメに...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません