子育ては夫がいないほうが好都合

結婚して子どもが生まれたら、夫婦で協力して子育てしたいと考える人は多いと思います。しかし、下田美咲さんは「できることならば子育ては一人でやりたい!」と主張します。一体どういうことでしょうか?

一般的に、子育ては夫婦揃ってすることがベストで、シングルマザーやシングルファザーになって子どもを育てあげるのは大変なことだと言われている。

しかし、子育てを始めて10ヶ月が経ち、私の中には一般論とは真逆の答えが出た。そして今、ハッキリとこう思う。

できることならば子育ては一人でやりたい!その方が絶対にスムーズだ!

離婚して、子育て終了後にもう1回同じ人と再婚したい

もしもこの先、離婚をすることがあったとしたら、子どもの父親を作りたくないから子育てが終わるまでは再婚をしたくないと思うし、例えばシングルマザーとして暮らしていく中で誰かと恋仲になり、そして子どもを身ごもったとして、よっぽど好きな相手だったらギリ結婚してもいいけれど、「子どもができたから」という理由だけであれば、どちらかと言えばシングルマザーのままでいたい。だって、その方が絶対に子どもを育てやすい。

私は今、旦那さんのことが好きだから一緒にいることにしているけれど、子育ての都合だけで言えば「いったん離婚して、子育て終了後にもう1回再婚したい、あなたと」と思うことがよくある。

実際、彼に対しても、そういうことはよく言っている。「言っておくけど、私があなたと一緒にいるのは楽しくて大好きだからであって、一緒にいてもつまらない日が続いて好きじゃなくなったら離婚するからね。子どもは一人で余裕で育てられるし、シングルマザーになっても、とくに何も困らないから」と、つまらない日が2日続いた時には言っている。

経済力があれば、親は自分1人の方が、教育がバラつかなくてシンプルに楽だと思う。人手という意味で言えば、フルタイムで働く今まさに働き盛りの若い男の人よりも、子育て経験もあり仕事も落ち着いてきている両親の方がよっぽど頼りになるから、子育てのしやすさを追求するのであれば、シングルマザーになって実家の近くに住むのが一番だと思う。

息子は、旦那さんのように育ってほしくない

夫婦で子育てをしていて難しいなぁと感じるのが、子どもにマネをしてほしくない部分を旦那さんがたくさん持っていることで、だけどアラサーの彼が今さらそういうことの一つ一つを変えるのは、かなり難しいということ。

以前にも書いたように、私は恋愛対象について「尊敬できるか」という基準で相手を選んだことがない。そしてそれは結婚の時も同様で、旦那さんのことは「私に合っている男」という評価をして、それだけで結婚を決めたから、社会的にどうかとか、人としてどうかとか、一般的にどうかとか、そういう審査はしていなかった。

だから「私の夫としては、それで良い」とは思っている。それは今でもそう。

だけど、息子は私の夫になるわけではないから、彼のように育ってほしいとは思えない。

私は息子に、人に好かれやすい言動を自然とできる(もしくは的確に狙える)人に育ってほしい。それがデフォルトで身についている人になれると、恋は実りやすいし、夢も叶いやすい。

子育ての正解は分からないけど、人生において、人に好かれやすくて困ることはない。優れたコミニュケーション能力は、持っていて邪魔になるものではない。

それがある方が楽しく生きていける可能性が高いし、社会に出た時に有利なのは確か。

逆に、人に嫌われるような言動を無意識にしてしまうクセだけは、絶対に身に付けさせたくないとも思う。

残念ながら、人に嫌われるような言動が無意識のクセになっている人が世の中にはごまんといる。多くの人が大した悪意も悪気もなく、何となく言ったことで他人の気分を害している。そして、そのことで着実に自分の未来を台無しにしている。

息子が、そんな残念な言動をしてしまうことがないよう(少なくとも無意識にしてしまうことがないように。狙いがあるのなら別に良いけれど)、私は親として、息子に教える言葉にはすごくすごく気をつけたい。

例えば、相手を落とすような冗談だったり、からかったりイジったりするような言い回しを、少なくとも家庭内では覚えさせたくない。家庭の外で出会ってしまうのは仕方がないけれど、そんな損な言葉の使い方を、親のせいで身につけさせてしまうようなことは避けたい。

「このくらいのことは普通でしょ」という旦那さん
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nekoojisan07 不味い理由を説明されると食欲が減退するとかおっしゃってるけど、しない人間もいると思うよ。 約1年前 replyretweetfavorite

restart20141201 経済力がすべて たまたまおとなしい個体、年代の息子 センス無い夫 約1年前 replyretweetfavorite

nptp_cassandra 夫とラブラブな人がこう言い切ったことにドキッとした。男とは日常を共有しないほうが色々スムーズかつ仲良くいられるのではと思うことが多い 約1年前 replyretweetfavorite

cotobukimatsuri 結論が極端だけど理由は正当なんだよなあ(食べ物についての)『「これは何がどうまずいか」なんて説明は百害あって一利なし』とかほんとそう思うわ... 約1年前 replyretweetfavorite