第16回】生産者たちとのふだんのおつきあい

今回は、仲田さんが生産者さんたちとふだんどのように交流をしているのかを、特別にご紹介。フランスのひとびとの人付き合い、話題はどんなものなのか……? のぞき見をするような感覚でご覧ください!

今週の畑。先週植えた苗木から葉が出てきました。

みなさん、こんにちは。
苗木から芽が出はじめました。おいしいワインができる、すばらしいぶどうが
育ってくれるといいな、と思いながら毎日をすごしています。

国内外を問わず、多くの方に私たちのセラーにお越しいただきます。
カーヴで試飲をしていただきながら、事務所でゆっくりしていただきながら……、
いろいろお話をするのですが、よく「普段の生活はどんなものなのですか?」と聞かれます。

おそらく、みなさん、わたしのカーヴのあるブルゴーニュに来られて、
最初に思うのが「何もない……」ということだからではないかと思います(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイン通信・ブルゴーニュの村から

仲田晃司

フランスはブルゴーニュのジュブレ・シャンベルタン村でワイナリーを経営する日本人醸造家・仲田晃司さんはじめての連載。仲田さんのワインのラベルには「天・地・人」という文字がきざまれています。2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません