ミックス。

第16回 迎えに来たんだよ、マイパートナー

ままならない人生にけじめをつけるため、再び全日本予選への挑戦を決めたクラブの面々。そして多満子は…!?
古沢良太オリジナル脚本映画「ミックス。」のシナリオを特別公開!!


130 缶詰工場

多満子「……(想いが渦巻く)」

×     ×     ×

フラッシュ。

押し入れの戸を開ける華子。

華子「隠れたって無駄なんだよ」

×     ×     ×

多満子「……」

想いを断ち切るようにモップがけを続ける多満子。

多満子「……」

足首の包帯を見る。

多満子「……」

萩原との特訓の日々が走馬灯のように駆け巡る。

多満子「……(こみ上げてくる)」

モップがけを続けられない。

足音が聞こえてくる。

前方に目を上げると、涙でぼやけた視界に、人影。

多満子「……」

こちらに近づいてくる人影は、スーツ姿の萩原。

多満子「……」

近づいてくる萩原。

多満子「……何してんのよ」

近づいてくる萩原。

多満子「面接はどうしたのよ!」

近づいてくる萩原。

多満子「なんでこんなところに……!」

萩原、かまわず多満子の唇を唇でふさぐ。

多満子「……!」

唖然と見ているチーフや従業員たち。

多満子、萩原を突き放す。

多満子「……」

萩原「……迎えに来たんだよ、マイパートナー」

多満子「……」

多満子、萩原に思い切り抱きつく。

多満子「……遅いよ」

萩原「前の試合は、カットマンペアだ。長引いてるはずだ」

多満子と萩原、手を取って駆け出す!

訳も分からず見送るチーフや従業員たち。

多満子と萩原が、缶詰工場の前に飛び出すと、タクシーが止まっていた。

達郎が顔を出し、多満子が捨てた段ボール箱を差し出す。

達郎「燃えるごみは、火曜日だよ」

多満子「お父さん……」

達郎「早く乗れ」

乗り込む多満子と萩原。

達郎「飛ばすぞ!道路交通法を厳守する範囲でな!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全脚本+映像では未収録となった幻のシーンが付録についた完全版。著者による描き下ろしの表紙、挿絵イラストも!

この連載について

初回を読む
ミックス。

古沢良太 /コルク

偶然の出会いが、わたしの人生を変えたーー。 脚本家・古沢良太の映画「ミックス。」オリジナルシナリオを特別公開! 男女混合ダブルスに挑む、元“天才卓球少女”を演じた新垣結衣が、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞した話題作。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません