大人の恋愛に"告白”は必要ない

ユウカは母と話しをして、少し落ち着きを取り戻した。そのころ、高畑は芦屋の動物病院に戻って、いつも通りに働いていた。

母と話し終えてみると、不思議なくらいユウカの気持ちは前を向いていた。

年齢は20歳以上離れているけれど、やはり同じ女として、ユウカと母は似ている。

母の考え方はハッキリしている。彼女より自分のプライドを大切にする男は、ユウカにはふさわしくない。母のその言葉を聞いたユウカは、自分の思ってることを言ってくれたと嬉しくなった。

それなのに、池崎は……

「ユウカさんの好きにしていい」

大阪行きが決まったのに、ユウカを連れて行こうという気概さえ見せず、無責任な態度を貫いていた。

その態度は寂しさを越えて、いら立ちしか覚えなかったけど、それは、まだユウカと向き合っていこうとしてくれてる証拠なんだって、そう思えるようになったのは、母に話したおかげかもしれない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Woo_Joe715 高畑の再登場はすごく嬉しい…台詞がくすぐられちゃう 2ヶ月前 replyretweetfavorite