お金の不安、さようなら(最終回)

「仮想通貨なんてめんどくさい」「株式投資はよくわからない」 「……だけど、お金については、なんとなく不安」貯金、投資、節約――結局なにをどうすればいいのか、わかりやすい答えが知りたい……! そこで、「お金のプロ」である田口智隆さんの著書『入社1年目のお金の教科書』より、お金の貯め方、使い方、増やし方まで、20代におさえておきたいお金の基本をご紹介します。

税の恩恵を最も受けている社会人は「入社1年目」

所得税や住民税といった税金も、有無を言わさず給与から引かれていきます。

自営業者やフリーランスは確定申告で自ら収入を申告して、税金を払う必要がありますが、会社員の場合は、自分で申告する必要はなく、給与から差し引かれ、勤務先を通じて税務署や市区町村に税金を納めることになります。

このしくみを「源泉徴収制度」といいます。

確定申告をする自営業者やフリーランスの人は、さまざまな節税のテクニックを駆使して、収める税金を少なくすることも可能です。

しかし、会社員の場合は、節税対策としてできることは限られます。

副業が認められている会社なら、本業以外の収入を得て確定申告すれば、副業のために使った経費の分が節税になります。

今、日本の産業界は「副業O K 」に舵を切る企業が増えているので、今後は20代の若者でも副業にチャレンジする人が増えるかもしれません。

税金を減らすために副業を始めるのは本末転倒ですからおすすめしませんが、これからは趣味や特技などを活かして副業をもつのがめずらしくなくなるでしょう。

入社1年目の皆さんも、ぜひ副業を視野に入れておきましょう。

副業が成功すれば、独立起業もしやすくなります。そうなれば、お金のストレスフリーを早くに実現することも可能です。夢が膨らみますね。

税金の不満を言う人ではなく、たくさん税金を払う人になろう

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
入社1年目のお金の教科書

田口智隆

「仮想通貨なんてめんどくさい」「株式投資はよくわからない」 「……だけど、お金については、なんとなく不安」貯金、投資、節約――結局なにをどうすればいいのか、わかりやすい答えが知りたい……! そこで、「お金のプロ」である田口智隆さんの著...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomotaka_T 「お金の不安、さようなら!」と題して同じ知識をもっていても、それを活かす人とそうでない人との差についてお話をさせて頂きました。 https://t.co/Hxn85sapm8 1年以上前 replyretweetfavorite