ブスの私の恋の話

恋に落ちるとき、容姿ってどれくらい重要なのでしょう? 恋愛は美男美女だけの特権ではありません。好みはいろいろ。誰にだって恋のチャンスはある。そんなの当たり前のことです――。連載「ワイングラスのむこう側」が人気の林伸次さんのはじめての小説『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』の発売を記念したcakes特別連載。スタンダードナンバーとともに綴られるラブストーリーをどうぞ。

 今夜はバート・バカラックの『アイル・ネヴァー・フォーリン・ラブ・アゲイン』をかけることにした。タイトル通り、失恋した女性の気持ちを歌う曲で、曲調はとても明るくて可愛いのに、どこか切なさがひっかかる。たぶん泣きながら一緒に歌った女の子が世界には何十万人もいて、その彼女たちの気持ちがこの歌に染み込んでいるのかもしれない。もう二度と恋なんてしない。いいタイトルだ。

 九月、昼の間はまだまだ暑いが、夜になると少しだけ涼しい風が渋谷の街を通り抜ける。私が表に看板を出してライトを灯すと、近くの出版社で働いている桃子さんがこちらに向かって大きく手を振るのが見えた。

 桃子さんは年齢は二十五歳くらい、身長は百五十を少しこえたくらいだろうか。個性的なメガネに帽子をかぶり、前髪は眉毛の上でそろえている。いつも笑顔が素敵で、私がその笑顔をほめると、顔を真っ赤にしてうつむいてしまう。

 桃子さんはカウンターの真ん中に座るなり「モヒートをください」と注文した。

「まだまだ暑いからモヒート飲みたくなりますよね」と桃子さんに言った。

「私、お酒わからないんで、何でもいいんですけど、モヒートってさっぱりしてるじゃないですか。なんかついつい頼んじゃうんです。けどモヒートってどういうお酒なんですか?」

「モヒートはキューバのカクテルです。ミントとライムとお砂糖とホワイトラムをクラブソーダで割ったものです。ヘミングウェイが好んだというので有名ですね」

「出た、ヘミングウェイ。私、出版社に勤めているのに『老人と海』しか読んでないんです」

「私は職業柄、ヘミングウェイの作品の中のお酒の使い方を楽しむために読んでいます。この登場人物にはこういうお酒を飲ませる、こういうシチュエーションではこういうワインを開けるといった参考になることがたくさんあります」

「登場人物が飲むお酒を知るのって楽しいんですか?」

「すごく楽しいですよ。毎日、私はお客様にお酒を出しているわけですが、この方はこういう服装でこういう髪型で、こういう話し方で、こういうお酒を注文するんだと、日々、考えるきっかけになります」

「人間観察が好きなんですね」

「お客様の服装や話し方で、先回りしてお客様の好みを判断しておこうという感覚でしょうか」

「私も観察するんです」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ワイングラスのむこう側」の林伸次さん、はじめての小説。

この連載について

初回を読む
恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。

林伸次

甘くて、苦しくて、幸せで、辛かった、誰かを思った気持ち。そんな恋を忘れたくなくて、少しでも誰かに覚えておいてほしくて、人は目の前のバーテンダーに話をするのかもしれない――。cakesでも人気の林伸次さんのはじめて小説『恋はいつもなにげ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

iruiru__yone https://t.co/hi9a25Vqc5 https://t.co/fLbnZyCzgC 2年弱前 replyretweetfavorite

iruiru__yone https://t.co/hi9a25Vqc5 2年弱前 replyretweetfavorite

kareigohan42 いい話すぎた 2年以上前 replyretweetfavorite

kawaguchi_AAA 泣いたわ。樋口さんも田中さんもすごくいい人… 2年以上前 replyretweetfavorite