アニメから『仮面ライダー』へ ~仮面ライダーに始まる石ノ森ヒーロー②~

2010年代に入ってウルトラシリーズ、仮面ライダー、ヤマト、ガンダム、あるいは「ベルばら」「ポーの一族」等が次々と40、50周年を迎えている。これらは単に昔のものとしてあるだけでなく現役のコンテンツとして新作が発表され、映像化、舞台化されている。逆算すれば分かるが、大半は1970年代に始まった。1960年に生まれ、アニメ、特撮ものを最初期からTVで見ていた中川右介(作家、編集者)が「リアルタイムの記憶を基にして目撃譚」として描くサブカル勃興史。

記憶を辿りながら書きますが公にするからには、記憶にだけ頼り、間違ったことを書いてはいかないので、改めて調べ事実確認をして書きます。歴史家的視点と当時の少年視聴者・読者としての記憶とを融合させ「読者・視聴者としてサブカル勃興期を体験した者が書く歴史」を提示したいと思います(筆者)。

●『レインボー戦隊ロビン』と『海賊王子』

一九六六年夏休みに劇場用アニメ『サイボーグ009』が封切られた時期、石ノ森章太郎と東映動画は、テレビアニメでも組んでいた。

 石ノ森章太郎が関わった最初のテレビアニメは、一九六六年四月から六七年三月までNET系列で放映された『レインボー戦隊ロビン』である。

 これは石ノ森章太郎個人ではなく、トキワ荘グループが作ったアニメとマンガの制作会社スタジオ・ゼロが、東映動画から原案と構成を受注したもので、キャラクターデザインは石ノ森章太郎と藤子不二雄が担当、全体の設定には、つのだじろう、鈴木伸一も加わっている。一九六三年に東映動画に企画を提案していたものが、ようやく六六年になって採用されたのだ。

『レインボー戦隊ロビン』はアニメの放映開始に先立って、マンガ版が「少年マガジン」に連載された。マンガの作者は「風田朗」(フータローをもじったもので、もともとは鈴木の別名)という名義だったが、石ノ森、藤子不二雄、鈴木伸一、長谷邦夫による合作だった。

 子供向けのアニメや特撮ものは、原作となるマンガがあり、その人気にテレビ局や制作会社が目をつけてアニメ化・ドラマ化する場合と、テレビ番組としての企画が先にあり、マンガにするマンガ家が決まって、コミカライズされる場合とがある。

 アニメの企画が決まるとコミカライズして雑誌に連載することは、六〇年代半ばにはメディアミックスとして確立されていた。それを条件にするテレビ局もあった。テレビ局としてはアニメの宣伝になるし、雑誌社としても売上アップにつながるし、さらに権利ビジネスへの関与もできる。

 小説で出版社主導のメディアミックスが本格的に展開されるのは、一九七六年の角川映画『犬神家の一族』からだが、その一〇年以上前から、少年少女向けの雑誌とテレビ局とはメディアミックスを展開していたのだ。

『レインボー戦隊ロビン』は、後の「戦隊もの」の遠いルーツとも言える。レインボー戦隊はその名の「虹」が示すように七人の戦隊で、隊長のロビンは地球人の母とパルタ星人の父との間の子で、六体のロボットを率いて、地球をパルタ星の侵略から守る。

 さらに、ひと月遅れて一九六六年五月から、NET系列で放映された東映動画制作の『海賊王子』も、石ノ森章太郎が原案で、「少年キング」と「まんが王」にマンガ版が連載された。マンガ版の作者は「いずみあすか」名義で、これは石ノ森が赤塚不二夫と合作するときの名だ。『海賊王子』は同年一一月まで放映された。

『レインボー戦隊ロビン』と『海賊王子』のマンガ版は、コミックスでは出ていなかったので、ぼくが読むのはだいぶ後になってからのことだ。

 ここに挙げたアニメがすべてNET系列で放映されているのは、東映が同社の大株主でもあったからだ。東映はNETの下請けの制作会社ではなく親会社なのだ。いまも『相棒』などの刑事ドラマが東映制作なのも、この関係が続いているからだ。

 石ノ森章太郎原作のテレビアニメは、『サイボーグ009』が六八年九月に終わると、一〇月からは『佐武と市捕物控』が翌年九月まで放映された。これも東映動画で、NET系列で放映されたものだが、原作のマンガが先にあるので、コミカライズではない。

『佐武と市捕物控』は一九六六年に「少年サンデー」で連載された後、六八年二月に創刊された「ビッグコミック」に移って長期連載となる。アニメは大人向けのもので、夜九時に放映されていたが、半年後に七時からになった。僕は夜九時からの時は見ていなかった。

 東映動画での石ノ森章太郎のテレビアニメは以上だが、その他に、六七年九月から六八年一月までフジテレビ系列でピー・プロダクション制作の『ドンキッコ』も放映されていた。

●東映アニメ『幽霊船』『海底3万マイル』

テレビアニメに加えて、一九六六、六七年の劇場用アニメ『サイボーグ009』に続いて、六九年の東映まんがまつりでも石ノ森章太郎原作のアニメが制作・公開された。『空飛ぶゆうれい船』である。このアニメは映画館へ見に行った。「石森章太郎原作」というので、見たくなり、親に頼んだのだと思う。

 原作は石ノ森が光文社の「少年」一九六〇年七月号から六一年八月号に連載した『幽霊船』で、映画を見た後、この原作が読みたくて、いきつけの書店に行ったが、単行本では出ていなかった(六六年にコダマ・プレスから刊行されたが、もう売っていなかった)。店主に探してもらうと、虫プロ商事から出ていた「石森章太郎選集」のなかにあると分かった。ところがこれは箱入りの上製本で、普通のコミックスが当時二二〇円とか二四〇円だったのに、倍近い四〇〇円くらいしたので小遣いでは買えず、親にねだった。

 翌七〇年夏の東映まんがまつりも、石ノ森章太郎原作の『海底3万マイル』だった。ジュール・ヴェルヌの『海底二万マイル』とは関係がなく、石ノ森によるオリジナルのストーリーだ。原作のマンガは「少年画報」七〇年一四号から一六号に掲載されたが、実際には石ノ森が描いたものではなかった。そのせいか、単行本では出ていなかったので、僕は存在も知らず、角川書店の「石ノ森章太郎萬画大全集」でようやく読むことができた。

 このように、一九六六年の劇場用アニメ『サイボーグ009』とテレビアニメ『レインボー戦隊ロビン』から七〇年の『海底3万マイル』まで、石ノ森章太郎は東映動画とは密接な関係にあった。

 東映でアニメ化された石ノ森作品のなかで、『レインボー戦隊ロビン』『海賊王子』『海底3万マイル』は、先に原作があったのではなく、メディアミックスとしてマンガを描くという仕事だった。石ノ森章太郎はそういうことが得意だというイメージが確立されていたのであろう。

 こうした関係があったので、東映テレビ部から覆面ヒーローものの企画に参画しないかとの打診があったのだ。

 毎日放送から東映テレビ部に子供向けの番組を制作しないかと打診があったのは、前述のとおり七〇年夏というから、『海底3万マイル』が公開されていた時にあたる。

●『仮面ライダー』決定

東映で『仮面ライダー』のプロデューサーとなる平山亨は一九二九年生まれで、東京大学を卒業して一九五四年に東映に入社し、助監督を経た後、監督になった。しかし映画界は一九五八年をピークに一気に観客動員数が減っていく。平山は東映の京都で時代劇を何本か監督するが、東京のテレビ部に異動となり、プロデューサーとしてテレビ映画を担当する。最初のプロデュース作品が、一九六六年の水木しげる原作の『悪魔くん』で、この時から、講談社の「少年マガジン」とのつながりができた。

 平山はその後、『キャプテンウルトラ』『仮面の忍者 赤影』『ジャイアントロボ』『柔道一直線』など、少年向けテレビ映画を次々と手がけた。

 平山が毎日放送の新しいテレビ映画について、石ノ森章太郎のもとへ相談に行ったのは、テレビ部部長の渡邊亮徳の指示があったからだった。半年ほど前に講談社のパーティーで石ノ森章太郎に紹介されて名刺交換をしていたので、初対面ではない。

 東映の渡邊は、石ノ森のマネージャーである加藤昇から「これまではテレビ化され、商品化されても、原作者にしか権利がなかったが、制作会社も権利を持つべきだ」と言われていた。石ノ森サイドとしては、原作者が全ての権利を持つほうが収入は多い。加藤の狙いは、「次に何かありましたら、石ノ森に仕事をまわしてください」ということにあった。

 そんな背景もあり、渡邊は新番組にあたっては、石ノ森章太郎に頼もうと決めたらしい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

連載が1冊にまとまって発売(加筆あり)!『サブカル勃興史 すべては1970年代に始まった』(角川新書)!

角川新書

この連載について

初回を読む
すべては1970年代にはじまった

中川右介 /角川新書

2010年代に入ってから、ウルトラシリーズ、仮面ライダー、ヤマト、ガンダム、あるいは「ベルばら」「ポーの一族」などが次々と40、50周年を迎えている。それらはみな、単に昔のものとしてあるだけでなく、現役のコンテンツとして新作が発表され...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません