日テレ・徳島えりかアナの柔軟性

今回「ワダアキ考」で取り上げるのは、人気番組『行列のできる法律相談所』で司会を務める、日本テレビの徳島えりかアナウンサー。近頃は「庶民派」なアナウンサーが人気なようですが、一味違う雰囲気を持つ徳島アナ。その魅力はどんなところにあるのでしょうか。

若手男性アナの「色々と柔軟です」

このところ、若手の男性アナウンサーが、「自分、色々と柔軟です」って感じを必要以上に醸し出してきて、こちらが要望していない柔軟性の開示に疲れてしまう。『あさチャン!』に出ているTBS・石井大裕アナは、番組終了直前にメインキャスターの夏目三久からあれこれふられるのが恒例となっており、スタジオを沸かすための一言を放つ。とっさの一言を、力強く言い切ることで、スタジオが失笑に包まれて終了する。

たまに煮え切らないならまだしも、押し並べて煮え切らないという状況に、見ているこちらが耐えられなくなってくるのだが、「色々と柔軟です」の一貫として開示されるそれは、改善されようとはしない。このところ、どの局の若手男性アナも、周囲からイジられる態勢が整っており、それくらいではめげません、と乗り越えていく態度がアナウンサーとしてのポテンシャルに変換されている。それってもしかして、少し前まで「女子アナ」に対して要求されてきたものなのかもしれない。

日テレ・藤井恒久アナへのリスペクト

『ヒルナンデス!』のコーディネート企画に出てくる、日本テレビ・藤井恒久アナは1993年入社のベテランだが、その動きこそ柔軟である。ファッションプロデューサーの植松晃士と共にショッピングモールなどに出かけ、タレントや一般人のファッションに評価を下す企画だが、とにかく、歩いている一般人を捕まえにいく時のバリエーション、その愉快な振る舞いに感服する。

テキストには起こしにくいが、ピョンピョン跳ねながら視界に入っていったり、中腰で近付いてギリギリで立ち上がって驚かせたりする。結果発表の際に見せる、変顔のレベルも相当高い。本来であれば若手がすべき仕事に思えるのだが、そこに「自分、色々と柔軟です」という主張があるわけではなく、こなすべきタスクとして悪ふざけを重ねていく。その平均点の高さが異様で、昼ご飯を食べながら、今日は藤井アナが出ていないか、定期的にチェックしている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

四刷になりました! 武田砂鉄さんの新刊です。

日本の気配

武田砂鉄
晶文社
2018-04-24

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tommysoya オチに爆笑 11日前 replyretweetfavorite

Nrva8iwlgctd #スマートニュース 11日前 replyretweetfavorite