第7回】 「クール・ジャパン」を成功モデルとするために重要なのは、"旧来型日本社会システム"からの脱皮だ!

安倍政権が主要政策に掲げ推進する「クール・ジャパン」。経済産業省を中心に、アニメ・ゲームをはじめとしたポップカルチャーや漆・陶芸といった伝統工芸品など、日本の文化芸術を幅広く海外に売り込むための法整備や資金支援のための仕組みづくりなどを急いでいる。

 安倍政権が主要政策に掲げ推進する「クール・ジャパン」。経済産業省を中心に、アニメ・ゲームをはじめとしたポップカルチャーや漆・陶芸といった伝統工芸品など、日本の文化芸術を幅広く海外に売り込むための法整備や資金支援のための仕組みづくりなどを急いでいる。

 しかし、映画、ドラマ、ポップソングなどの輸出は、すでに先行する韓国がアジア各地や欧米の音楽・映画市場で着実に実績を重ね売り上げを伸ばしており日本は水をあけられている。

 去年暮れ、アメリカ・ニューヨークのタイムズスクエアで行われた恒例の年越しカウントダウンイベントでは韓国人歌手のPSY(サイ)が招かれ、アメリカで200万枚を売り上げた「江南スタイル」を熱唱。VIP級の扱いで全米中にテレビ中継された。肌も目も、髪の毛の色も違う数万人の観客達が、PSYの歌やダンスを真似して共に踊って年越しをした様子は印象的でもあり「何故、日本には出来なかったか」と考えさせられた。

 韓国では、巨大メーカー・サムスンが設けたシンクタンクが戦略を練り、その青写真にそって政府が強力に文化産業の輸出を後押しする。経産省クール・ジャパン海外戦略室の担当者は「基本的には、日本も韓国の戦略モデルにならう形で進めていく」と語り、政府と民間の協業による輸出支援策を速やかに実行に移すと力を込める。

 しかし肝心の民間企業関係者からは「日本に韓国型モデルは絶対にできない。制約が多すぎる」との声もあがる。

 クール・ジャパンは熱を帯びた成功モデルになりうるのか―。今回、筆者は、経産省でクールジャパン政策の中心人物、海外戦略室長補佐の小田切未来氏(32)とスマートフォン向けソーシャルゲームで成長を続ける株式会社gumi代表の國光宏尚氏(38)を直撃。日本の文化輸出政策の未来を査定した。

小田切が明かすクールジャパン戦略の実態

 政府が推進するクールジャパン政策とは具体的にどのような取り組みを指すのか。小田切氏はまずこう切り出した。

「クールジャパンとは何か、実は、一般には誤解されている部分もあります。日用品を作る会社に営業にいった時に、クールジャパンをアニメや漫画だけしか取り扱わないとする偏狭な理解を感じました。メインは確かにファッション、食、音楽、アニメなどですが、本質的には商業施設、温泉、日本の魅力を発信できるものすべてを指します。

 クールジャパン戦略をどう進めているのか、韓国のコンテンツ戦略がそうであるように、事前に設定されたプロセスにしたがい実施・実行しています」

 小田切氏によると、日本のクールジャパン戦略の柱は次の三つ。

 一つ目は海外に展開したい企業とプロモーションに長けた企業とのマッチング。二つ目は、公募で募ったビジネスやプロジェクトの早期支援。三つ目が、ファンドの設立による資金支援の拡充だ。

 マッチングは既に具体的な案件が進んでいる。コンテンツの輸出にあわせ、現地での消費材の販売をセットにした戦略を基本フォーマットにする。例えばテレビ番組の「料理の鉄人」。番組コンテンツ自身の海外輸出にあわせて、国内の食材・食器メーカーと共に現地進出することで市場の拡大をはかるという。

 他にもiPhoneケースに日本の漆を使ったプロダクトの開発、初音ミクの海外現地版の拡大など、早期支援や将来的なファンドを活用した資金支援などを拡充していく計画だ。国内市場が衰退していく中で、特に、新興国市場をターゲットに進めていくと話す。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

現代ビジネス

この連載について

初回を読む
堀潤の「次世代メディアへの創造力」

堀潤

メディアは、大きな変革期を迎えている。世界の動きに目を向けると、これまでの概念を打ち破る新たなジャーナリズムの実践も様々な形で、その試みが始まっている。足踏みを続ける日本のマスメディアは潮流に乗り遅れ、ガラパゴス化するのか。この連載で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません