”天才”は継続でつくられる

東大を首席で卒業、財務官僚、弁護士など、華々しい経歴を持つ山口真由さん。自身のキャリアを「才能ではなく、努力を続けることでつかんだ」と断言する彼女が語る、「努力を技術化し、天才的成果を上げるためのメソッド」を連載「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。」でご紹介します。

 継続はゆるぎない自信をくれる

 シドニーオリンピック直前の、谷亮子さんの言葉を覚えている方も多いのではないでしょうか。

 彼女は、大事な試合の前に度々負傷しているらしいのですが、シドニーオリンピックの1ヵ月前にも左足首の腱を損傷しました。そのため、オリンピック前の1ヵ月間、彼女はほとんどまともに練習できなかったそうです。

 そのことについて、シドニーオリンピック直前に、テレビ局のレポーターが彼女に直撃しました。

「足首の状態はどうですか? 練習ができていないそうですが、不安はありますか?」

 それを聞いて、ふっと笑い、谷亮子さんはこう答えました。

「7歳のときから毎日練習してますから」

 インタビューを観ていた私は、思わず鳥肌が立ちました。

 7歳の時から、長い長い間積み重ねてきた辛い練習に比して、1ヵ月程度のブランクなど怖るるに足らずと言ってのけたのです。

 この自分の努力量に対する自負は凄まじいとしか言えません。谷選手は、「当然」金メダルを獲るものと期待されていました。金メダルを獲ったら、もちろんみんな褒めてはくれるでしょうが、決して驚かれることはありません。そして金メダルを獲れなければ、たとえ「銀メダル」でも、みんなに「残念」という評価をされてしまうのです。

 この重圧は一般人の私からは想像もできません。ただ、この状況で、怪我をし、この質問を受けたら、誰だって予め逃げ道を用意しておきたいと思うはずです。

「思うように調整ができていないので不安は残りますが……」

 このくらいの回答をしても、醜悪な言い訳をしているようには映りません。それにもかかわらず、彼女は一切の言い訳をしませんでした。

 おそらく、日々の練習の密度に対する自負もあるのでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載が一冊にまとまった新書版

この連載について

初回を読む
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。

山口 真由

東大を首席で卒業→財務省官僚→弁護士→ハーバード留学という経歴を持つ山口真由さん。山口さんいわく、「私は天才ではない。普通の人」であり、「天才的な成果をあげることができるのは、努力を続けられる人だけ」という。努力を続けることこそ、最も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sena_spz え?山口さん東大ラクロス部のマネージャーだったの?いつまでいたんだろ… 4ヶ月前 replyretweetfavorite