香港旅行中、部屋に来たホテルマンに求められた黄昏時

「黄昏時に一瞬だけ訪れた奇跡」ーー今回の「やれたかも」は、59歳・三木さなえが当時ブームだった香港に夢中になっていた26年前の出来事。当時33歳のさなえは、いつも泊まっていた宿泊先で、爽やかなホテルマンに出会います。旅も終わりに近づいたころ、沈みゆく紅い夕陽の見えるロマンティックな部屋に居合わせた2人は……。



吉田貴司さんの漫画がもっと読みたい方はこちら

この連載について

初回を読む
やれたかも委員会

吉田 貴司

あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない……。男たちのそんな「やれたかも」を、「やれたかも委員会」が判定します。漫画家・吉田貴司さんが描く、切なくも可笑しい話題作! やれたかもしれなかった夜は、人生の宝です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tenshoku_no_K 【】 59歳になっても思い出す黄昏か。 エモいなぁ。 #やれたかも委員会 https://t.co/WORnq58zPL 1日前 replyretweetfavorite

atou_susako オチがウケる 2日前 replyretweetfavorite

kei_ys パラディソいい味出してる 3日前 replyretweetfavorite

5522Y チンポジというオチ。 5日前 replyretweetfavorite