エピローグ

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


僕たちはずいぶんと遠くまで旅をした。

150年前のジュール・ベルヌのイマジネーションからスタートしたこの旅で、僕たちはフォン・ブラウンとコロリョフが悪魔の力をも利用して宇宙飛行の夢を実現した現場を目撃し、ニール・アームストロングの「小さな一歩」の影にあった有名ではない技術者たちの活躍を間近から眺め、「そこに何かいるのか、何がいるのか」という好奇心に駆られた科学者・技術者たちがワシントンの指示に逆らってボイジャーを海王星まで送り込み人類の宇宙観を覆すのに遭遇した。

旅は未来へと続き、地球外生命の発見を通して「我々は何者か、どこから来たのか、そして我々はひとりぼっちか」という有史以前からの深遠な哲学的問いに迫る数十年後の未来を訪れ、そして自らが招いた危機を智慧によって解決して地球外文明とのファースト・コンタクトを果たし、ホモ・アストロルムとして銀河文明の一員となった、千年後、一万年後の未来を垣間見た。

この旅で僕が最も伝えたかったことは何だったか、読者の皆さんにはすでにおわかりだろう。

イマジネーションの力だ。

宇宙開発のみならず、あらゆる科学技術は、ただ方程式を解いたり、望遠鏡や顕微鏡を覗いたり、図面を引いたり、プログラムを書けば前に進むものではない。それは例えるなら車の部品のようなものだ。タイヤやエンジンが勝手にどこかに走るのではない。運転手の南へ走るという意志が車を実際に南へと走らせる。その意志がイマジネーションだ。

もしかしたら現代は、人々がイマジネーションを働かせる余裕に乏しい時代かもしれない。テレビやインターネットやスマホが片時も休むことなく情報を吐き出す。自分から頭を働かせなくとも、生活空間はほんの小さな隙間すら情報で埋め尽くされる。旅先の静かな夜や、待ち合わせに遅れた恋人を待つ甘い時間さえ、スマホは余念無く我々の心を情報の鎖で縛り、イマジネーションを働かせる自由を奪う。

もし今度、晴れた夜に外を歩く機会があったら、あるいは仕事帰りにバスを逃してバス停で待つ時間があったら、スマホをポケットにしまい、夜空を見上げて欲しい。きっとそこに輝いているはずだ。大昔から人のイマジネーションの源となり続けた、淡くまたたく星屑が。毎日形を変える銀色の月が。星々の世界に遊ぶ惑星たちが。運が良ければ流れ星が走るかもしれない。人工衛星や国際宇宙ステーションも見えるかもしれない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tipi012011 やっぱり買おう。 約2年前 replyretweetfavorite