情報化時代の恒星間飛行

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


では、ホモ・アストロルムはいかにして宇宙を旅するのだろうか?

もしかしたら本当に宇宙人たちはUFOを使っているのかもしれない。もしかしたら、反重力装置やワープ航法や波動エンジンの特許はとうに切れていて、技術資料が銀河インターネット上に公開されているのかもしれない。

あるいは、未来には人工冬眠の技術が確立したり、人間の寿命が大幅に伸びたりするかもしれない。そうなれば急ぐ必要はない。鶴亀でなくとも千年でも万年でも航海できる。ボイジャー1号の速度でも、7万5千年あればアルファ・ケンタウリに行くことができるのだ。

だが、時に僕は思う。もしかしたら、宇宙船に乗って宇宙を移動するというスタイルは、人類の現在の常識に縛られているのではないか?

確かに現在の人類にとって「移動」とは乗り物に乗って肉体を運搬することを意味する。だが、果たして人類より何万年も進んでいる宇宙人が現代人類と同じように物理的な移動を行なっているのだろうか? UFOから二足歩行の宇宙人が降りてくるというのは、現代の常識に縛られた乏しいイマジネーションではなかろうか?

たとえば、NASA JPLとマイクロソフトが共同開発した「OnSight」というシステムがある。JPLが持つ火星の三次元データをマイクロソフトのホロレンズというVR(バーチャルリアリティー)グラスと融合させることで、火星ローバーのオペレーターは仮想現実の中で火星を歩きながらローバーに指示を出すことができる。


NASA JPLとマイクロソフトが共同開発したOnSight。ヘッドマウント・ディスプレーを装着することで、三次元の火星の上を「歩き」ながらローバーに指示を送れる。(Credit: NASA/JPL-Caltech)

もちろん、現在の人類のVR技術はまだまだ後進的で、五感のうち二感しか再現できない。僕もOnSightを試したことがある。三次元の火星の風景の中を歩けることに興奮したが、ホロレンズは重く、視野は狭く、僕の行動に対して環境からのフィードバックもなく、現実世界を歩くのとはまだ隔絶した差があった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tipi012011 5感VRを実現する為や、冬眠出来るようにするためにも、まずは地球を守っていく必要性があると感じた。⇒ 約2年前 replyretweetfavorite

uchu_kyodai NASAの研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 約2年前 replyretweetfavorite