なぜ宇宙人からのメッセージは届かないのか?

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


好きな人から返事がこないと、あなたは携帯を1分おきにチェックしながら理由を悶々と考える。考えても考えてもメッセージは届かない。

人類も現在、悶々と考えている。なぜ、まだメッセージは届かないのか、と。

もしかしたら、宇宙人は電波以外の方法で交信しているのかもしれない。それは重力波や量子テレポーテーションを利用した通信かもしれないし、人類がまだ知らぬ物理法則を使っているのかもしれない。たとえ電波を使っていても、シャノンの情報理論によれば最大効率で圧縮された情報は圧縮法を知らない限りノイズと区別できない。だから宇宙人のテレビ放送や携帯電話の電波を判別できないのかもしれない。だが、大人が二歳の子供と話すときにわざと難しい言葉を使わないように、もし宇宙人が地球人とコミュニケーションを取りたければ、我々の原始的な技術レベルに合わせた方法でメッセージを送ってくるはずではないか?

もしかしたら、見逃しているだけかもしれない。宇宙人は何度も地球に電波を送っているのに、その時間にその方向へ正しい周波数でアンテナを向けていなかっただけかもしれない。国会議員がSETIの予算カットを議論していたその時も、連邦議事堂の中を宇宙人からの電波が素通りしていたのかもしれない。

もしかしたら、マーシーとバトラーがデータの中に埋もれていたホット・ジュピターの証拠を見逃していたように、すでに宇宙人からの電波を受信しているのに気づいていないだけかもしれない。何か人類が些細な常識にとらわれているために、データの中に埋もれているメッセージに気づいていないだけかもしれない。あるいは送り手の方が、彼らの常識に囚われた送り方をしているのかもしれない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

naoki_satoh 地球の資源を考えると、侵略的なエイリアンに運良く見つかっていない、が正解だと思う。 約2年前 replyretweetfavorite

lycanthropebata #SmartNews 壁|・`ω・´)フムフム https://t.co/Pwx0tfiluR 約2年前 replyretweetfavorite

backflipout フェルミのパラドックスなら、個人的には「(宇宙人は)既に来訪しており、ハンガリー人を名乗っている」の一択です。もしくは「このサングラスを掛けてみろ」 約2年前 replyretweetfavorite

h_itou196011 いろんな可能性が考えられるが、取り上げられた社会的問題を解決し、社会的制約は無くしたいものだ。→ #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite