仕事超速化の技

#12 【KDDI】 稲盛流経営を体現するエクセルの部門別採算管理

エクセルが職場の生産性を変える──。この意識の下、社員のエクセルスキルの向上に取り組む企業も多い。

 エクセルが職場の生産性を変える──。この意識の下、社員のエクセルスキルの向上に取り組む企業も多い。

 大手通信会社のKDDIもその一社だ。働き方変革の旗を掲げ、2017年3月に社内セミナーを本格導入。見やすい表やグラフの作り方が社内に浸透しつつある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
仕事超速化の技

週刊ダイヤモンド

働き方改革が声高に叫ばれる中、企業は残業時間を減らそうと躍起になっている。だが、働き方改革の本質は生産性を高めることであり、残業時間の削減はその結果でしかない。まずやるべきは、仕事の効率を高めることなのだ。そこで、誰でもすぐに使えて仕...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません