”天才”にはぶれない優先順位がある

東大を首席で卒業、財務官僚、弁護士など、華々しい経歴を持つ山口真由さん。自身のキャリアを「才能ではなく、努力を続けることでつかんだ」と断言する彼女が語る、「努力を技術化し、天才的成果を上げるためのメソッド」を連載「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。」でご紹介します。

朝ごはんと朝シャワー、優先すべきはどちらか?

 努力すべき際には、長い時間を割くことになりますが、その優先順位を決める大切さについて、ここで紹介したいと思います。

 私達人間は、お金持ちでも貧しくても、自分の人生の持ち時間が有限であることは変わりません。その時間を、常に何かに割り振っていくことが各々に求められています。

 こういった配分は人生哲学にかかわる重要なテーマですが、まずはもっと具体的な日常生活の時間について考えていきましょう。

 夜寝てから、翌朝に玄関のドアを開けるまでの時間を思い出してみてください。

私の場合は、起きたらすぐにシャワーを浴びることに決めています。心身ともにリセットして新しい1日を始めるのに、この朝シャワーは私にとって欠かせません。これはどんなときも決まってやることです。しかも一度シャワーを浴びてしまえば、髪を洗ってしまいますから、「二度寝」を阻止できます。

 次に、朝食にサラダを作ってそれを食べ、日本経済新聞で仕事に関係しそうなことがないかをチェックします。その後は、今日着ていく服を選び、メイクアップをして、玄関のドアを開けます。

 このフルプログラムをこなすのに要する時間を考えると、睡眠時間は通常は6時間程度ですが、起きてからシャワーに要するのはだいたい20分ほど。朝ごはんを作って食べるのに要する時間は30分ほどです。日経新聞は10分くらいでさっと読みます。着替えからメイクアップは、食事くらいの時間はとりたいので30分でしょうか。

 つまり、寝てから玄関のドアを開けるまで、計7時間30分ほどになります。これが私の定時のスタイルです。

 では、眠る前に、明朝に家を出なければならない時刻と寝る時刻との間に、7時間30分の時間がとれないことが明らかだったらどうすればいいでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載が一冊にまとまった新書版

この連載について

初回を読む
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。

山口 真由

東大を首席で卒業→財務省官僚→弁護士→ハーバード留学という経歴を持つ山口真由さん。山口さんいわく、「私は天才ではない。普通の人」であり、「天才的な成果をあげることができるのは、努力を続けられる人だけ」という。努力を続けることこそ、最も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

SEAS_A 私は天才ではないけど、山口さんと優先順位は同じかもしれない。 1年以上前 replyretweetfavorite