#23「7歳と半年」—余命3日と言われてから、とらじは4か月以上も生きてくれた

30代独身OLが友人から子猫をもらった。かわいい子猫<とらじ>との楽しい毎日が始まったが、とらじは母子感染で猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)に感染していた。感染告知から7年を経ての突然の発症、そして闘病の日々。余命3日といわれながら、漢方薬治療で奇跡的な回復をするが…。愛猫の病と向かい合った日々、楽しく愛しい思い出の数々。しかし残された時間は多くはなかった…。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
猫のとらじの長い一日

今川はとこ

30代独身OLが友人から子猫をもらった。かわいい子猫<とらじ>との楽しい毎日が始まったが、とらじは母子感染で猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)に感染していた。感染告知から7年を経ての突然の発症、そして闘病の日々。余命3日といわれながら...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

muku_dori_ 私も老猫の心音と呼吸の数、毎日数えていた 4年弱前 replyretweetfavorite