憧れの女の子とのデートを前日にキャンセルした理由

ほんの少しのすれ違いでそのまま終わりへと向かってしまう恋。なぜ彼は去ったのか? なぜ彼女の気持ちは離れたのか? バーテンダーはその答えのない問いを聞いてくれます。 cakesでも人気の林伸次さんのはじめての小説『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』の発売を記念したcakes特別連載。カウンターで語られるいくつもの恋愛模様。

 アメリカのマイケル・フランクスという歌手の『ザ・レイディ・ウオンツ・トゥ・ノウ』という美しい曲がある。

 この歌の中では彼女は「なぜ彼が去ってしまったのか」とずっと理由を知りたがっている。

 十一月の寒い夜には、こんなマイケル・フランクスの温かい歌声があうだろうと思い、このレコードをかけると、バーの扉が開いた。

 入ってきた男性は、コートを脱ぐと、スーツの上からでも胸板の厚さがわかった。おそらく若い頃にスポーツをしていて、今でも身体を鍛えているのだろう。髪の毛は短く刈り上げにし、真っ直ぐこちらを見て人なつっこい笑顔で「こんばんは」と言った。

 私も彼の笑顔につられて少し微笑み、「いらっしゃいませ。お好きな席にどうぞ」と返す。

 彼は目に付いた私のすぐ前の席に座り、鞄を足下におき、ネクタイを少しゆるめ、ゆっくりと店内を見回し、最後に私の方を見た。

「マスター、こんな注文ちょっと迷惑かもしれませんが、幸せな恋人たちにぴったりのワインって何かあるでしょうか?」

 私は少し考え、「レザムルーズ、フランス語で恋人たちを意味するブルゴーニュのワインがありますが、いかがでしょうか」と答えた。

 彼は最初の人なつっこい笑顔を見せて、「それでお願いします」と言った。

 私がレザムルーズを開けて大きなリーデルのブルゴーニュ・グラスに注ぐと、部屋いっぱいに華やかな香りが広がった。

「このワインのエチケットは、オーナーの息子さんの奥様が描いているそうなんですが、彼女は日本人なんだそうです。一家全員が日本びいきらしくて、そこの蔵のレザムルーズはほとんどが日本に輸出されるということです。日本の恋人たちに飲んでほしいんでしょうね」  私はボトルを彼の前に置き、説明した。

 彼はレザムルーズのグラスをゆっくりと回し、香りを吸い込みこうつぶやいた。

「こんな感じです。彼女はまさしくこういう気品があって、そしてとてもチャーミングな存在だったんです」

「こういう女性に恋をしたんですか?」

「はい」

「その彼女とはどこで出会ったんですか?」

「高校生の時です。クラスに女優をやっている女の子がいました。中学の頃からちょこちょこテレビのドラマとかに出てたんですけど、高校生になってからは映画で主役とかもやり始めてて。

 高校だけは出ろって親に言われてたらしくて、出席日数ギリギリで時々学校には来てたんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの大人気連載「ワイングラスのむこう側」の林伸次さん、はじめての小説。

この連載について

初回を読む
恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。

林伸次

甘くて、苦しくて、幸せで、辛かった、誰かを思った気持ち。そんな恋を忘れたくなくて、少しでも誰かに覚えておいてほしくて、人は目の前のバーテンダーに話をするのかもしれない――。cakesでも人気の林伸次さんのはじめて小説『恋はいつもなにげ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuuki_sann 悲しい話かとおもったら素敵だった 2年以上前 replyretweetfavorite

from_kaiphone 続きが気になって、ポチってしまった。 2年以上前 replyretweetfavorite

bar_bossa 先日アップしたこの小説https://t.co/2iDW0xgmPV、男性が「こういうの好き!」みたいにたくさんツイートしてくれてて、とても嬉しいです。というわけで今日もお店で待ってます♪ 2年以上前 replyretweetfavorite

HigaKenX 朝から泣けちゃったよ。 https://t.co/ycDUzgLvzc #恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる #林伸次 #barbossa 2年以上前 replyretweetfavorite