仕事に自信がないからスーツにお金をかけてみる新社会人

学生から社会人になる、独身から既婚者になる、親になる、あるいは離婚して独身に再びなるといったように、人は、ライフコースで様々な役割を演じることになります。役割が変わったばかりの時は、不安定なものです。その不安定な気持ちをやわらげたいという思いが生み出す消費について、考えます

皆さんは何かに興味を持った時に、まずは形から入ったことはありませんか? 実はこれは決して悪いことではありません。例えばジョギングを始めようと思ったら、とりあえずおしゃれなシューズとウェアを揃えてみるのも一つの方法です。結局、タンスの肥やしになるかもしれませんが、「オシャレだから着て走ってみたい」とモチベーションが高まって、いつの間にかいっぱしのランナーになることもあり得るわけです。モノを買うことで行動を変えるということですね。

ただ、私たちは、このようなポジティブな理由だけで、モノを買うわけではありません。中身のない自分をモノで補おうとする場合もあります。例えば、仕事ができる先輩が、数十万円のスーツを着ているという話を聞いて、自分もその店に行ってみるなんてことがあります。それはまさに「仕事に自信がない」という負い目、ネガティブな欠点を、外見で補っているということになるのです。補うべき欠点があるとき、消費で補おうとすることを象徴的自己完結と言います。

まっとうに考えると、仕事を頑張って覚えることで社会人として成長することが望ましいと言えます。しかし人間はそんなに地道ではないので、手軽な方法を取ろうとします。その方法のひとつが、消費による象徴的自己完結なのです。

興味深いことに、その若い社会人が経験を重ねていくと、消費で補おうとすることはなくなっていきます。なぜなら社会人として成長して仕事ができるようになり自信がでてくるようになると、モノで自信のなさをごまかす必要がなくなるからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

博報堂ケトル・嶋浩一郎さんとの共著もおすすめです!

この連載について

初回を読む
今さら聞けないマーケティングの基本の話

松井剛

何気なく使っているマーケティング用語。そのことばの裏には、あなたのビジネス、さらには世の中の見方を変える新たな視点が隠れています。一橋大学経営管理研究科・松井教授が、キーワードをゆったりと、しかし的確に解説するこの連載。他人の成功体験...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません