メラニアのジャケット騒動と有名人の私生活を糾弾する日本のメディア

不法移民親子引き離し政策に対する国民からの批判が強まっている最中、メラニア大統領夫人が引き離された子供たちを訪問。その時に着ていたジャッケットが物議を醸しています。
日本でもメラニアのジャケット騒動についての報道がされるなか、問題の本質と異なる母親や妻としてのメラニアに関心を寄せるメディアの姿勢にアメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんは疑問を投げかけます。

不法移民親子引き離し政策とメラニアのジャケット騒動

アメリカでは、トランプ大統領のもとで不法移民親子引き離し政策が進んでいる。
ニューズウィークの記事「移民親子引き離し政策、トランプが引き起こした米国内の人道危機」で冷泉彰彦氏が詳しく説明しているが、メキシコとの国境地帯で逮捕された不法移民を子供から隔離する「ゼロ・トレランス(一切の例外を認めない、寛容ゼロの)」政策として突然5月に始まった。

親が逮捕され、子が親から引き離される現場からの報道に、多くのアメリカ国民から「非人道的だ」という批判が噴出した。6月18日発表の世論調査でも、国民の66%がこの政策に反対している(民主党は91%、無所属は68%、共和党だけが35%反対)。

親から引き離された子供たちは、金網がついた檻のような仮作りの収容所に入れられており、それを見たローラ・ブッシュ元大統領夫人は、ワシントン・ポスト紙での公開書簡で「アメリカ史上もっとも恥ずべき行為とみなされている第二次世界大戦時の日系人強制収容所を不気味に思い出させるイメージ」、「残酷」で「不道徳」な行為だと批判した。ローラの夫は、トランプと同じ共和党の元大統領であるジョージ・W・ブッシュである。

メラニア・トランプ現大統領夫人も、移民政策で合意できない議会のせいにしつつも、「子供たちが引き離されるのを見るのはつらい」とこの政策を暗に批判するような公式見解を発表していた。

ところが、その数日後に、メラニアは、背中に大きく「I really don’t care, do U?(私はほんとは気にかけちゃいないのよ。あなただってそうでしょ?)」というメッセージが書かれたジャケットを着て、不法移民の子供たちが収容されたテキサスの施設を訪問したのである。報道陣が見ていることを知っていながら。

トランプの「ゼロ・トレランス」政策に対してすでに「非人道的だ」という国民からの批判が強まっているときに、大統領夫人が「私は、実際はどうでもいいと思っている」というメッセージのジャケットを着て、親から引き離された子供たちを訪問したのだ。それが大きく報じられ、非難の声が殺到したのは当然のことである。

それに対して、メラニアの広報責任者は、「ただのジャケットだ」「隠れた意味などない」と応えた。だが、トランプは「メラニアのジャケットのメッセージは偽メディアに対するものだ」と、報道責任者の「何の意図もない」という意見を覆している。つまり、「報道陣が私のことをどう思っていようが、私は気にかけてなんかいないのよ」という揶揄だ。

メラニアのジャケット騒動をどうとらえるか
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

juni_ca_wa_ii 「これは社会問題なのだろうか?」と問いかけ… https://t.co/QOXHVbzAtN 12ヶ月前 replyretweetfavorite

masaji0101 「社会問題ではない他人のプライバシーや、他人の不幸を喜んで消費するのを拒む。根拠がないことを詮索して広めるメディアも拒否する」 まさにこれ。心がけてます。 https://t.co/WBgRWB6czS 12ヶ月前 replyretweetfavorite

seria 首がもげるほど、同意。よく考えたら、分かること。 https://t.co/VXi01ZdZWv 12ヶ月前 replyretweetfavorite

tou_fu_taberu 息苦しさを少し減らす行動をする! /  12ヶ月前 replyretweetfavorite