味噌汁』はおいしさが約束されたスープ

作るのも、食べるのも楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。そんなスープについて、手軽においしく作るのコツを、『スープ・レッスン』の有賀薫さんにご紹介いただきます。今回のテーマは、おなじみの『味噌汁』。加熱の順番を少し工夫するだけで、素材の甘みやうま味が出た味噌汁を作ることができます。「シンプル豚汁」のレシピ付き!

味噌汁はおいしさが約束されたスープ

 味噌汁の最大のポイントは「味噌」にあります。世界のさまざまなスープの中で、日本の味噌汁ほど誰もが簡単においしく作れるスープはありません。それはひとえに、調味料である味噌のおかげです。
 豆、麹、塩を混ぜて発酵させて作る味噌はうま味が強く、じつは味噌を湯に溶くだけでも、ちょっとしたスープになるのです。具やだしにそれほど凝らなくても、おいしさが約束されたスープといえるでしょう。

 しかも、味噌汁には、合わない具材がほとんどありません。豆腐やねぎ、わかめ、大根、 油揚げ、しじみなど定番の具をはじめ、もやし、いも、キャベツ、なす、思いつく野菜はほとんど味噌汁の具になります。アスパラ、ブロッコリー、トマトなど意外な野菜、チーズやバター、唐辛子やキムチなど、本当に味噌汁に入れて大丈夫かと思うような食材まで、具として受け入れてくれる懐の深さがあるのです。
 これも、味噌という調味料の偉大さによるもの。大豆たんぱくの働きによって素材の持つクセや臭みをおさえながら、発酵食品ならではの強いうま味を加えます。魚の生臭さや山菜のえぐみも、味噌汁だと気にならないのが不思議です。

 そんな味噌汁を食事のメインディッシュとしてとらえると、食事はとても豊かになりま す。野菜たっぷりの煮物を作る感覚で、根菜やきのこ、いも類などを加え、ボリュームアップしましょう。肉を使った豚汁スタイル、魚を使ったあら汁スタイルなら、さらに満足度は上がります。肉または魚介と野菜を組み合わせた味噌汁にごはんを添えれば、栄養的にはほぼ完璧です。

 たくさん食材をそろえるのはたいへんだ、という場合は、単品の野菜をどっさり入れる、 という発想があります。キャベツ1/4個ぐらいの量の野菜は、味噌汁であれば2人でかんたんに食べ切れるはずで、これはこれで贅沢ではないでしょうか。野菜のおいしさを堪能でき、旬の野菜の食べ方としておすすめの方法です。

だしを入れなくても十分おいしい
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載をまとめたスマート新書をAmazonにて販売中です!

この連載について

初回を読む
忙しい現代人のための 手軽でおいしいスープ入門

有賀薫

「帰宅が遅く、十分な自炊ができない」「自炊したいけど、忙しくて外食ばかり」といった悩みをもつ方は多いのではないでしょうか。そんな人も効率よくお腹と栄養を満たせるのが、作るのが簡単で夜遅くに食べても体への負担が少ないスープです。cake...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cellulito 有賀薫さんの記事にあったように先に野菜を蒸し煮してから作ったらだしなしでも美味しいお味噌汁になってびっくりした。すいちゃんママのお味噌が美味しいというのもあるが☺️ https://t.co/BUbxSUgSJf https://t.co/QiGq6AYdAB 1年以上前 replyretweetfavorite

pat_tsun あいらぶ味噌汁!早く自炊を再開したーい味噌汁作りたーい!豚汁(ぶたじるって言う派)も作りたーい! https://t.co/b21pLS3CNI 1年以上前 replyretweetfavorite

tibaatui 約束された勝利の汁 https://t.co/U0ZYF69BQg 1年以上前 replyretweetfavorite

sadaaki うまそーー。 1年以上前 replyretweetfavorite