読むだけで、恋愛が上手くなる!? 田辺聖子の傑作恋愛小説

「なぜわたしはこんな恋愛を……」。失敗も、うっかりも、報われなさも、半泣きで深夜にひとりで帰るような不毛なことも含めて、軽やかに肯定してくれる恋愛小説。
「京大院生が選んだ人生を狂わす名著50」がリニューアルして連載開始。

 この人かっこいいな~付き合いたいな~~と思って仲良くすれば、自分にまったく恋愛感情を抱いていないことがわかって撃沈する。
 え、なんかテンポ早いしいいじゃんお姫様扱いしてくれんじゃん、と思って付き合ってみると、実は遊び人で正規の彼氏にする気が起こらない。
 仕事も頑張ってるしやさしいしこの人こそわたしが求めてる男! と思って寝てみれば、あら実は既婚者……(そんなアホな)。

 今日どこかの居酒屋で繰り広げられる女子会から聞こえてきそうな話ですね。
 実はこれ、すべて40年前に書かれた恋愛小説のネタなんです!

女性が読めば「モテる女」の勉強になり、男性が読めば「女心が」わかる小説

『言い寄る』田辺聖子
講談社
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

choku70 [MM読了] 言い寄る (講談社文庫) https://t.co/NuvyADGg8n 三宅香帆さんの https://t.co/3U7ET6lvOV て記事に触発されて手に取る。45年前に連載されていたもの。デザイナーの乃里子は、昔馴染みの天女な… 6ヶ月前 replyretweetfavorite

ikb 田辺聖子っていうと、筒井康隆がおりにふれ「お聖さん」ってエッセイに書いてた、気がする。その割に、… https://t.co/2pcs7Boou6 7ヶ月前 replyretweetfavorite