ミックス。

第15回 きっちりやり切って終わんないと、みんな次にいけないんだ

フラワー卓球クラブはバラバラになったまま、全日本卓球選手権の予選日を迎えた…‼︎
古沢良太オリジナル脚本映画「ミックス。」のシナリオを特別公開!!

115 山彦町・夜明けの情景

山彦町のあちこちに朝日が差し込む。

『全日本卓球選手権大会神奈川県予選 当日』


116 優馬のマンション・前(朝)

優馬、バッグを背負って出てきて、スマホでメールを打ちながら足早にどこかへ行く。


117 吉岡家・ダイニング(朝)

弥生、朝食の支度をしている。

スマホにメールが着信。

弥生「(読む)……」


118 落合農園(朝)

作業に向かう元信と美佳。

各々の携帯にメールが着信。

元信「……」

美佳「……」

メールの文面『行ってきます 優馬』


119 新宿・ビジネスホテル・客室(朝)

萩原、髭を剃る。

髪をセットし、スーツを着る。

引っかけてある上着のポケットから封筒がのぞいているのに気付く。

現場主任が押し込んだ餞別だ。

中を取り出してみる萩原。

メモ『こっそり撮っておかずにしてた。すまん』

建設現場に来た時の多満子の写真、数枚。

散水車が撒いた水でずぶ濡れの多満子と萩原の笑顔。

萩原「……」


120 富田家・多満子の部屋(朝)

多満子、ゼッケンを手にして見つめている。

ゼッケンを段ボール箱に入れた。

ユニフォームやラケットも入れる。


121 同・前(朝)

多満子、段ボール箱を手にやってきて、ゴミ集積所に捨てる。

そのまま出かけてゆく。


122 缶詰工場

やってきた多満子、チーフに挨拶。

床のモップがけを黙々とする多満子。


123 全日本卓球選手権大会神奈川県予選会場・情景

続々と集まる選手たち。

その中に、フラワー卓球クラブのユニフォームを着た4人の姿。弥生、元信、美佳、優馬。


124 缶詰工場

モップをかけている多満子。

従業員がだんだん出勤してきた。

挨拶しながらモップをかける多満子。

多満子のスマホにメールが着信。

弥生からだ。

多満子「……(読む)」


125 全日本卓球選手権大会神奈川県予選会場・女子トイレ

弥生、鏡に向かっている。手に持っているヘアカラースプレーを振り、髪に吹き付ける。

弥生の声「お嬢、私たち、試合に出ることにしたよ。やっぱりこのままじゃ終われないもん」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全脚本+映像では未収録となった幻のシーンが付録についた完全版。著者による描き下ろしの表紙、挿絵イラストも!

この連載について

初回を読む
ミックス。

古沢良太 /コルク

偶然の出会いが、わたしの人生を変えたーー。 脚本家・古沢良太の映画「ミックス。」オリジナルシナリオを特別公開! 男女混合ダブルスに挑む、元“天才卓球少女”を演じた新垣結衣が、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞した話題作。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません