男は「君の人生に巻き込まれたいと思っている」と言った

高畑は百鳥ユウカさんの全てを受け入れると言った。ユウカさんは嬉しいと思う反面、複雑な胸中を抱えていた。


高畑との白昼デートはまだ続いていた。

たくさんの木々に囲まれ秋の薫風が二人の間を駆け抜けていった。騒がしかった夏が終わり、風は少しひんやりとしていた。

ユウカは池崎のことを忘れていたわけじゃないけれど、今この時間、高畑と一緒に歩いていることに、違和感をあまり覚えなかった。ユウカが高畑に過去の自分の失態を洗いざらい話しても高畑のユウカに対する態度は変わらなかった。

ユウカの憧れの結婚式場から駅までの帰り道、高畑はさりげなくユウカの指に触れ絡ませた。ユウカもそれを自然と受け入れた。やがて駅に着くと高畑はユウカに言った。

「ユウカさん、他に行きたいところないの? 今日は1日オフだから」

「高畑さん、明日は仕事だよね? 今日の新幹線で戻るの?」

「うん。明日の朝でも構わないよ。でもユウカさんは今日家に帰るよね?」

「……うん」

高畑は今日ユウカに会って、本当はもっとユウカとの関係を進めたかったのかもしれない。でも、今はそのタイミングじゃないとわかって身を引いてくれてるんだろう。そんな彼の気持ちが熱のこもった手から伝わってきた。

「でも、まだ時間はあるよ。高畑さんこそ、行きたいところある?」

「せっかく横浜だし、中華街行こうか?」

「中華街? いいよ、こっから近いから」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません