DA PUMPとアメリカ、SPEEDと日本

新曲「U.S.A.」が”ダサかっこいい”と話題になっているDA PUMP。30代半ば以上の人の中には、すっかり人数が増えていることに驚いた人もいるはず。メンバーの加入と脱退を繰り返し、それでもセンターで歌い続けるISSAの姿から、我々は何を受け取ることができるのでしょうか。

「まだやってる」の尊さ

SPEEDとDA PUMPのメンバー全員が出演した映画『アンドロメディア』が公開されたのは1998年7月11日のことだから、ちょうど20年前のことになる。同月23日にリリースされたDA PUMPのファーストアルバム『EXPRESSION』は、発売1週間で50万枚を突破するも、オリコンチャート第3位だったというのだから驚く。そのDA PUMPがかなりのスパンを空けて、今、再び注目を浴びている。まだやっていたのか、と思った人は多い。以前、みうらじゅん氏にインタビューした時、「キープ・オン・ロックンロール」って「死ぬまでロックしようぜ」と訳されがちだけど、「まだやってる」っていう意味でしょう、と言っていたのがいつまでも頭に残る。「ロックンロール」よりも、むしろ「キープ・オン」に重心を置く姿勢。まだやってる、って尊い。

「批判なき政治」=「リアルな政治」

あれから20年、SPEEDの今井絵理子参議院議員は、東京都議会議員選挙を迎えるにあたって「今日から都議会議員選挙が始まります!『批判なき選挙、批判なき政治』を目指して」と記して、ズッコケさせた。その前の初当選直後には池上彰から、地元・沖縄の基地問題をどう考えるかを問われて、「これから向き合っていきたい」と答えて池上を困惑させていたから、なぜ「批判なき」の状況を作り上げたがるかといえば、国民のためというより、ご自分のガードのためなのだろうと推察される。

RADWINPS「HIROMARU」について感じたことは、2週間前にこの連載で記したので繰り返さないが、今井がこの曲についての考えをブログにアップし、RADWINPS・野田洋次郎も使った常套句「右も左もない」を用いつつ、「でもHINOMARUを見たとき、なぜか本能的に、そう意味もなく、高まる気持ちがそこにある」とした。この時代に愛国歌がポップに放たれたことに違和感を表明したのは、なぜか本能的に、そう意味もなく、高まる気持ちを活用されてきた歴史を踏まえようとしたからなのだが、こんな時にも彼女の「批判なき」が稼働するのだろうか。「批判なき政治」と言っていた今井のブログをそのまま読み進めていくと、「私は『リアル』を追求して『リアル』な政治をしていきたい」との宣言に行き当たる。シンプルな数式に落とし込んでみれば、「批判なき政治」=「リアルな政治」ということになる。一体どういうことだろう。

初デートは米軍基地
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ついに三刷、武田砂鉄さんの新刊です。

日本の気配

武田砂鉄
晶文社
2018-04-24

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tanimura_hiroi なぜかぐっときてしまった。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

tommysoya |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 批判と表現の相互関係の良い解説。読めるうちに急いでね。https://t.co/nJcIZZmPvp 11ヶ月前 replyretweetfavorite

muku_dori_ 「以前、みうらじゅん氏にインタビューした時、『キープ・オン・ロックンロール』って『死ぬまでロックしようぜ』と訳されがちだけど、『まだやってる』っていう意味でしょう、と言っていたのがいつまでも頭に残る」「まだやってる、って尊い」 https://t.co/94szEhAESw 11ヶ月前 replyretweetfavorite

etoyoshikun ISSAさんをイオンモールで観たらごきげんになる自信はある世代。 11ヶ月前 replyretweetfavorite