仕事超速化の技

#06 処理時間が激減する驚きのメール術(3)【メールを書く】

いよいよメールを書く段階だ。まず注意してほしいのが、宛先の「CC:」の使い方である。例えば、どんな内容のメールにも、上司を「CC:」に入れる人がいるが、「CC:」はしっかりと経緯を知っておいてほしいときだけ入れるようにする。

 いよいよメールを書く段階だ。まず注意してほしいのが、宛先の「CC:」の使い方である。

 例えば、どんな内容のメールにも、上司を「CC:」に入れる人がいるが、「CC:」はしっかりと経緯を知っておいてほしいときだけ入れるようにする。何かあったときのために、というのも分かるが、それはいわば“保身”。自分も上司も当事者意識が薄れてしまう。それに、意味もなく「CC:」に入れられた上司は、その分だけ通数が増えて負担になる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
仕事超速化の技

週刊ダイヤモンド

働き方改革が声高に叫ばれる中、企業は残業時間を減らそうと躍起になっている。だが、働き方改革の本質は生産性を高めることであり、残業時間の削減はその結果でしかない。まずやるべきは、仕事の効率を高めることなのだ。そこで、誰でもすぐに使えて仕...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません