仕事超速化の技

#22 凹んだ気持ちを回復させるメンタルのコントロール術

仕事のイライラを紛らすために、愚痴を言ったり、飲んで騒いだりする人は多い。しかし、ストレス解消の方法としてそれは正しいやり方だろうか。メンタルヘルスの専門家に話を聞いた。

 若いうちはストレス解消といえば、土日に遊んで発散し、つらいことを忘れることだった。しかし、35歳ごろからは日々の仕事が増える一方で、回復力が衰え始める。その結果、ストレスを解消しようとはしゃいでしまうと、かえってパフォーマンスが落ちてしまうのだ。心理カウンセラーの下園壮太氏は、この現象を「35歳クライシス」と呼ぶ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
仕事超速化の技

週刊ダイヤモンド

働き方改革が声高に叫ばれる中、企業は残業時間を減らそうと躍起になっている。だが、働き方改革の本質は生産性を高めることであり、残業時間の削減はその結果でしかない。まずやるべきは、仕事の効率を高めることなのだ。そこで、誰でもすぐに使えて仕...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません