仕事超速化の技

#16 ファイル共有で本家を凌駕 グーグル版エクセルの実力

マイクロソフトが作ったエクセルに対抗して、近年IT企業を中心に活躍の場を広げているのがグーグルのスプレッドシートだ。企業への導入事例とともに、両者の良しあしを比較した。

 そもそもエクセルは、マイクロソフトが開発した製品だ。その知名度からすれば、表計算ソフトの分野において覇権を握っているといえるだろう。

 だが今、エクセルの対抗馬として注目を集めているソフトがある。グーグルが提供しているGoogleスプレッドシートだ。

 最大の特徴は、同じくグーグルが提供するクラウドサービスのGoogleドライブと一体化していることにある。Googleスプレッドシートで作成した資料はクラウド上に保存されるため、複数のメンバーで最新版の資料を共有したり更新したりできる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
仕事超速化の技

週刊ダイヤモンド

働き方改革が声高に叫ばれる中、企業は残業時間を減らそうと躍起になっている。だが、働き方改革の本質は生産性を高めることであり、残業時間の削減はその結果でしかない。まずやるべきは、仕事の効率を高めることなのだ。そこで、誰でもすぐに使えて仕...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません